スーパーヒーローたちが保育園を守ってくれています。
見出し画像

スーパーヒーローたちが保育園を守ってくれています。

ume

 

保育関連の記事の場合には、個人の特定につながらないように配慮して書かせていただいております。どうぞよろしくお願いいたします。


***

その年に受け持った2歳児クラスは、何かになりきって遊ぶこと・ごっこあそびが大好きな子どもが多いクラスでした。

***

午後のおやつを食べ終えたところで、残念ながら外のお天気があまり良くない。
この後は室内であそぶことにしようと準備をはじめます。

なにをしてあそぼうかな?と子どもたちに聞いてみると、

「そふとぶろっく、やりたぁーい!」


ソフトブロックは室内で遊ぶ時の子どもたちのお気に入りの玩具。
正式名称?は「ニューブロック」というそうなのですが、いつの間にか子どもたちの間で「ソフトブロック」と呼ばれるようになり、そのまま定着しました。(誰が最初にそのように呼んだのかは…不明。ちなみに友人の保育園でもソフトブロックと呼ぶそうです。)


お家に持っている子も多いのですが、保育園は量が違います。もちろん、そのたくさんのブロックの全てを自分ひとりで使えるわけではありません。だから、子ども同士で日々さまざまなやり取りが見られます。
いろいろとやり取りをしながら(泣いたりしながら)…自分の使いたいパーツを探し、自分の「つくりたいもの」を組み立てていきます。


お気に入りは、ヒーローのアイテム・武器をつくることです。

子どもたちの中での「ヒーロー」は、テレビの中のヒーローをそのままイメージしている子もいれば、さまざまなヒーローを合わせたオリジナルヒーローの子もいます。
個々それぞれ、自分だけの「ヒーロー」がいるのです。


***

ヒーローといえば変身ポーズですが、これがそれぞれ個性的でとても可愛いです。

頭の中にはきっと、テレビで見たものや保育園のお兄さん・お姉さんがやっているもの、さまざまなものがイメージとしてあるのだと思います。

そこに、しっかりと「個」が入ってくるので、皆が同じように変身し始めても、それぞれ全く違う変身ポーズになります。

そして一人ひとり、最後のポーズと顔がバッチリ!完璧に決まります。
さすがヒーロー!という感じで、とにかく可愛い姿です。


ちなみに。このヒーローたちの中には「元気100倍!」の国民的ヒーローもいます。
このヒーローになりきるDくんは、保育室をいつもパトロールしてくれます。 でも…すぐに戻ってきてしまうのです。

「ちからが…でないよぉ…」

顔がぬれてしまったようです。

ここはパン工場。
保育士は早速、パン作りが上手なあのお2人に変身し、Dくんのために新しい顔をつくります。
そして。「Dくん!あたらしい顔だよー!」とエア新しい顔を投げます。

すると。
「げーんき ひゃくばぁい!(元気100倍!)」と復活。
これを繰り返します。パン工場は大忙しです。


***

さて。変身したヒーローたちは、保育室の平和を守るため・そしてワルモノからわたしたちを守るために、使命感をもって保育室内をパトロールしてくれます。

でも、現時点で保育室にいるのはほぼヒーロー。ほぼ全員がヒーローです。

なので、もちろんトラブルやバトル等は起きず、平和な時間が過ぎていきます。
手持ち無沙汰のヒーローたち。


そうすると、ヒーロー同士のたたかいごっこがはじまります。
ヒーロー同士でたたかっちゃうの??!…と思ったりもしますが、とりあえず楽しそうに盛り上がっているので、ひとまずケガ等がないようそばで見守ります。

でも、たたかいごっこは段々とヒートアップしていくもの。
そろそろ、パン工場のパン職人さんたちにひと声お願いしましょう。


「だれか、たすけてぇー!」

ヒーローたちが反応します。

「どーしたの?!???!」

「ワルモノがパン工場を壊して、パンをぜーんぶ持っていっちゃったよぉ…。泣」


「なんだってぇ??!?」
スイッチが入ります。ヒーローたち、出番です!
ワルモノを探します。


***

いたぞー!!!!!


ワルモノ役に認定された保育士。
さぁ。腕の見せどころです。

(この先、保育士はワルモノになりきっており、ワルモノ仕様で言葉が悪くなっております。申し訳ありません。)


「くそぉー!見つかったか!」

(ワルモノさん。とっても良い感じです。)


ヒーローたち、ワルモノをやっつけるため真正面から向かって行きますが、コロンッと転がされてしまいます。
ヒーローたちがそれぞれ順番にやっつけに向かいますが、コロンコロン。

なんだか…お相撲あそびのような不思議なあそびがはじまりました。
ワルモノをやっつけようとしますが、コロン。何度もコロン。
「○○(名前)もやってぇー」となんだかいつ間にかヒーローたちが順番に並んでます。


たたかっているのか遊んでいるのか、よく分からない状況ですが、涙が出るほど笑っているヒーローたち。楽しいのが一番!楽しそうで何よりです。



***

ふと時計を見ると、そろそろお片付けの時間。お帰りの支度もしなくてはいけません。その前に、子どもたち皆、ずいぶんと汗だくなので水分補給もしないと。お着替えが必要な子もいるかな。

そこで、ワルモノに合図を送ります。

ワルモノも時間を確認。

水分準備先行部隊(別の保育士)も出動します。



そして、パン職人からヒーローたちのリーダーに変身し、ヒーローたちに声をかけます。

「よし、みんなで一緒に力を合わせてワルモノをやっつけよぉー!」


おぉーーーーー!!!!!


改めてしっかり気合いを入れるヒーローたち。

アイテムの剣や棒でエイエイ!!…思いっきりやられるワルモノ。
魔法をかけられるワルモノ。
○○光線を浴びせられるワルモノ。
四方八方から攻撃を受けるワルモノ。

そして、ついに!

「やられたぁー…負けたぁ…くそぉ…覚えておけよぉ…!」

ワルモノ、退散。
(からの…先に水分補給。ワルモノさんお疲れ様でした!)


やったぁー!!!!!!!


「よし!ワルモノをやっつけたからみんなで乾杯しようー!」


「かんぱいしよぉー!」


今日は特別に、ヒーローたちの大切なアイテムと一緒にテーブルスペースに移動。
それぞれ大切なアイテムを小脇に抱え、ヒーロー集団が大移動です。

ワルモノから変身した飲み物屋さんに「いらっしゃいませー」と出迎えられます。

「おちゃくださーい。」

勝利の美酒ならぬ…美茶を手に「かんぱぁーい!」


「おちゃは、やっぱりうまいなぁ。」
急に勇ましい言葉になるヒーローたち。
完全になりきっている姿が微笑ましくて面白くて、とにかく可愛い姿です。



***

スーパーヒーローたちのおかげで本日も保育園の平和が保たれております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ume

最後までお読みくださいましてありがとうございます。 あたたかいお心遣いに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

ume
保育歴約15年・保育士資格・ 何かを「つくること」が好きです。 保育のことやその他あれこれ…いろいろ書き綴ってみたいと思います。