Hono

”まずは何でもやってみたい” 挑戦・経験というものにワクワクが止まらない、ごくフツーの大学生です。日常を生活するさまを、ちょっと覗いてやるか感覚で楽しんでもらえたらと思っています。

Hono

”まずは何でもやってみたい” 挑戦・経験というものにワクワクが止まらない、ごくフツーの大学生です。日常を生活するさまを、ちょっと覗いてやるか感覚で楽しんでもらえたらと思っています。

    マガジン

    • Moving Words

      日常にあふれる素敵なコトバやフレーズに気づいたとき、全身が幸せで包まれる。しかし、人間の記憶は曖昧で、1日経てばなぜそのコトバにそれほど魅了されたのか分からなくなる。せっかくときめいた心を、忘れてしまうのは辛い。noteという宝箱に閉じ込めておきたい。

      • Moving Words

    最近の記事

    学校はあるのに通えない!?

    今回の活動国は、インドの隣に位置するバングラデシュ! バングラデシュって、我々の国、日本も属するアジアの国々のうちの1つなんだって!知ってましたか? そのバングラデシュという国には、子供たちに教育を提供するための学校があります。 例えばハンガーフリーワールド(以下、HFW)が支援している学校は、バンガ郡、ボダ郡、カリガンジ郡に3校あり、そこには223名の子供たちが在籍しています。 「よかった!教育の場はちゃんと用意されているんだね!ホッとしたぁ」 …とは言い切れない

      • 枯という美

        きっと花に「死」はない 先月、人生で初めてわが家へ生花を迎え入れた 2週間ほどの間、私の日々に彩りを与えてくれた 精一杯の愛情を注いできたが、いつかは枯れる時がくる ただ、やはり別れというものは寂しいから、ドライフラワーという形でもう少し一緒にいてもらおうと… ドライフラワーとなった彼女たちを見ていると、 花は枯れるが、それはきっと「死」ではない と思うようになった 生花には生花の、枯れた花には枯れた花の美しさがある 花のように生き、花のように枯れたい。

        • 明日の自分がやれるように

          2021.4.1 明日の自分が最大限に力を発揮できるように準備する ピース又吉直樹【渦】公式チャンネルより 眠たくてしんどくて疲れた今日の自分にはできないけど、明日の自分が最大限に力を発揮できるように、寝る前にせめてもの準備をする。 いま私の目の前には、取り込んだ洗濯物の山と夕食を終えた食器の山がある。 しかし今朝はいつもより早起きだったから、23時を回った今、私はとてつもない睡魔に襲われている。 今日はできない。 だから明日の自分に頼もうと思う。 ただ、いく

          • 1.ブルキナファソって…なに?

            お久しぶりのnoteで、文章の感覚を取り戻すのに時間がかかりそうな予感…リハビリがてらに新企画をスタートさせてみよう! その名も、『Know It!』 何事も、知ることから始まるのだ!!という、深そうな深くなさそうな考えから思いついたタイトル。(直訳したら”知れ!”なんだけども…笑) そんなことより一体どんなことを書くの?私が『伝えるボランティア』として所属する、国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールドでは、ちょくちょく内部勉強会が開催されている。 そこで学んだこと

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Moving Words
            Hono

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            また明日

            おつかれ〜!バイバーイ! "また明日な〜!" ってもう言えへんのか…って、めちゃくちゃショックを受けた高3、卒業式の日。 自転車にまたがった友達に、いつものクセで"また明日"って言ったけど、次の日もあの教室で当たり前のように"おはよ〜!"って言えへんのか…って、友達とバイバイする時になってやっと卒業の実感が湧いてきた。 それから数ヶ月後、大学生になって、授業が始まった。 毎日必修クラスがあって、毎日会うクラスメイトもできたけど、あの時の"また明日"とはなんか違った。

            隣にいて欲しい人

            私の心が躍るとき。 それは、新しい挑戦を目の前にしたとき。 私の頭が雨雲で覆われるとき。 それは、新しい挑戦を目の前にしたとき。 そう。どちらも同じ瞬間に存在する。 新しい挑戦が目の前にあるとき、心は熱く前向きであるのに対して、頭では何かと言い訳を考えて逃げようとしている。 気づけば私は「こんなこと”やりたい”」止まりで、なかなか「こんなことやりたいから”やる”」と言い切れていない。 挑戦を目の前にして、心を燃やしてはあと一歩のところで頭がそれを鎮火する。 大

            朝、鏡の前、満面の笑み

            10日ほど前にルーティンを新調した。 前の1ヶ月間は名付けて『寝起きに水一杯』 目も覚めるし、美容にもいいらしいし、寝起き特有のお腹の気持ち悪さも解消されるしってことで始めて、10日ほど前に、目標としていた30日間の継続を達成した。 次はどんなルーティンに挑戦しようかな…と考えていた時に思いついたのが、今回のタイトルにある 『朝、鏡の前、満面の笑み』 説明しよう! 朝起きたら顔を洗うなり、歯磨きするなり、何にしてもとりあえず1度は鏡の前に立つでしょ? そして、鏡

            踏切に慣れる日

            実家は踏切とは縁のない場所にある。 新居は踏切とものすごく近い。 電車、駅、踏切と近い場所に住んだのは、20年間生きてきた中で今回が初めてなのです。 普段、ちょっとあちら側へ行くには必ず踏切を渡らなければならない。 今日もちょっとあちら側へ行く用事があったもので、自慢の中古電動自転車に乗り、踏切を渡る。 すると、 カーン!カーン!カーン!カーン! そのとき、自慢の中古電動自転車に乗った私は ちょうど踏切のど真ん中。 お化け屋敷に行っても、サプライズされても上

            人に興味がないんだ…

            ずっと私は聞き上手なんだと思ってた。 でも、どうやら違うみたい。 2人でご飯に行くといつも気持ちよさそうに話してくれるのは、大概おしゃべりマシーンな友人だ。 四方八方からの色んな噂話を持っていて、彼氏やらなんやらのびっくりな恋愛事情を持っていて、ただそれを話したくて話してくれてるんだと思う。 だって、振り返れば、それに対して私が良い質問を返しているわけでもないし、オーバーリアクションを取っているわけでもない。おうむ返しとか、へぇ!とか、無意識のうちに空気を読んで、ただ

            Goの前のReadyが重要

            ありがたいことに最近、声に出して発信する機会が増えた。 まず、声に出して自分を発信するということに、”ありがたい”と思えていることに驚いている。というのも、noteのように文字で発信するということは比較的得意でも、声に出して発信する=一方的に喋るということは得意ではないからだ。 そんな得意ではない機会が増えたことを、”ありがたいこと”だと思えるのは多分、自分自身が克服したいことだからだろう。 ”前に大きく立ちはだかった壁を乗り越えるための階段を増やしてくれてありがとう”

            やめました

            周りを見れば電化製品だらけ。 ざっと見ただけで8もある。 部屋の電気、この記事を書いているPC、そばで音楽を流しているスマホ、暑いから点けてるエアコン、隣の部屋に風を送るために点けてる扇風機、プリンター、Wi-Fiルーター、固定電話。 みなさんも一度、どれくらいあるか予想してから部屋を見渡してみて欲しい。 どうでした?思っていた以上にありません? 電化製品って、当たり前だけど"電気"を使う。 家から、街から、日本から、世界から、電気を取っ払ったら、正直生きていける

            言葉で逃げる

            私は不器用で要領よくない。だから一度に多くのことができない。 こんなにもやりたいことがあって、色んなことに挑戦したくてうずうずしているのに、できない。 不器用だから。要領がよくないから。 やがて何も手につかなくなる。 そんな時に無理やり自分を鼓舞しようとして、色んなことに挑戦しまくっている人に会ってみたり、自己啓発系の動画を見てみたりする。近しい人に相談して、君ならできるって期待を背負ったりする。 そしたら鼓舞したい思いとは裏腹に、なんだかどんどん自信がなくなってき

            日常こそがコンテンツ

            毎日、朝起きて会社行って仕事して帰ってきてお風呂入って寝て起きて会社行って、、、同じことの繰り返しでつまんね〜 あ〜、レジが混んでてなかなか進まねぇしイライラする〜 久しぶりの休みにコーヒー淹れて本屋さん行ってゆったりしてめっちゃ心地いい〜 今日はちょっと涼しくて嬉しい〜 これ全部日常。 みんな喜怒哀楽、色んな感情を抱えながら、色んな日常を必死で生きている。 上に書いたようなちょっとしたことこそ、その人にしかない日常で、その人にしかない人生のコンテンツ。 Vlo

            "この道一筋"をどう捉えるか

            『私はこれまで、水泳一筋でやってきました!』って聞くと、どう思います?(パッと思いついたのが水泳で、そこに特に意味はないです笑) 水泳のプロなんだろうなぁ!とか 一つのことに集中できる人なんだろうなぁ!とか 一つ秀でた能力があるって羨ましいなぁ!とか きっとそんな風に"この道一筋"を前向きに評価しますよね?日本ってそんな風潮があるらしいんです。だから、老舗や職人が多いんですね。 でも"この道一筋"って逆をとれば、"あの人は無能だから、あの仕事しかできないんだ"とも捉

            ”最も~っぽいもの”の不便さ

            最近は時間があればNetflixで『あいのり』を見るっていう日々が続いてた。 1話30分ほどで見れるから、全22話を1週間もしないうちにサクサク最後まで見てしまった。(そんなことしているうちに課題をやれ!) もともと私は『テラスハウス』とかそういう恋愛バラエティー番組を好んで見るタイプではないんだけど、なんでそんなに夢中になって見てしまったかというと、『あいのり ~AFRICAN JOURNEY~』だったからだ。 前々からアフリカ渡航への想いを募らせる私は、出演者の恋愛を

            ”食べること”は当たり前?

            食べることって当たり前だよね?違う? まぁ、一人で自問自答していてもキリがないからみんなに聞いちゃえ! ってことで、"食べることってみんなにとって当たり前?"という問いをつけて、インスタグラムで独自調査をしてみた結果、 約80%の人が"食べることは当たり前"と答えてくれた。やっぱり多くの人の意識も私と同じ! 食べることは当たり前だと思う。 だって毎朝起きて、なんとなーくダラダラ過ごしてる間になんとなーくお腹が空いてくるし、お腹が空いてきたら冷蔵庫にある食べ物を食べた