見出し画像

事務局の余談(馬-2)「気持ち」が引き起こす身体反応とは?

最後は気持ちだ!と、菊池仁志が良く言っています。気持ちはいろいろな心の状況を作りだしています。思わぬ勇気をくれたり(*'▽')、やる気を持って行ったり(;´д`)、いいようにも、悪いようにも、生きる上で起きる様々な心理現象に作用しています。また、それと同じように身体にも反応を起こしていることを、日常、あまり気づくことはありません。

その時の「気持ち」といった頭の中によぎる事が、どのように身体に現れるのか?というと、それを計るものはありませんが、乗馬の時に感じたことがありますのでお話したいと思います。

馬のエピソード

クラブの会員数にもよりますが、乗馬クラブの馬は一日に何人もの人間を乗せて走っています。日々、人数をこなすクラブの馬は、人を良く知っています。人の方が慣れていないと馬を歩かせることすらままならないこともあります。ある日、周長140mくらいの馬場の、バンクでいうとホームとバックに置かれたクロス障害をパッパカ飛んでいました。

乗馬は馬が走るので楽かと思うかもしれませんが、これが全身運動…めちゃくちゃ疲れます。楽しく飛んでいたのですが、ふと「疲れたな…」と、思ったのです。その瞬間、馬がピタっと走るのをやめました…。止まれの合図はしていないのに、です。「うわ!ばれた!」と、思いました。夏場で暑くてちょっと疲れた、、、、そう思っただけです。どうして馬は気付いたのでしょう?実際のところはわかりませんが、馬の背に載せた鞍を通して感じる人体に起きた変化を感じたのではないかと思います。気持ちはそれくらい身体に何かしらの反応を起こすということか…?!と、実感した瞬間でした。

たったこれだけのことがバレるわけですから、気持ち(意識、考えること)というのは侮れないなぁ、と、思った次第です。

何事も丁寧に、気持ちを込めて、最後まで…。
最後まで気持ちを切らさない…、これってすごく大切なんだと思います…。

お客様の声:VOICE

スクールでも同じように(?!)丑年の菊池仁志がお客様の様子を察知することがあるようです(*'ω'*)

乱れると即(汗)指摘が飛んできます。
毎度の事ながら、なぜ判るのか不思議で仕方ありません。。。

引用)VOICE 拡張版 Vol.5

是非、ホームページでどうぞ♪
「VOICE 拡張版 Vol.5遠隔トレーニングでも凄技!!」
 ⇒ https://k-fitting.com/voice_vol5.html

嬉しいです♡
48
元競輪選手 菊池仁志の自転車道場 https://k-fitting.com/ 事務局です。日本スポーツ協会公認スポーツ指導者 自転車競技コーチ1。スクールの話題やプロスポーツとしての競輪・競輪選手の技術や能力から自転車競技に向き合うためのヒントになる話題を独自目線でお伝えします