見出し画像

この「アニソン」はフィクションです。「MoMoMoももちゃんテーマソング」制作ノート

------------------------------------------------------------
このアニソンはフィクションです。
動画に登場するアニメ番組や連載誌等は実在しません。
------------------------------------------------------------

まずはこちらの動画をご覧下さい^^(所要時間1分41秒)

…ということで、本当は実在するアニメのテーマソングを制作したいところではありますが、誰も依頼してくれないので自分で作っちゃいました…笑。

ヒロスノウノヲトMusic Works第2作目にして、初のアニソン、初のボーカロイド作品で、初のアニメーション制作作品です。

アニメは実在しませんが、漫画は実在します。

鳥伊くるみさん(https://note.com/toriikurumi)の「ももちゃん」

そんなわけで、今回、鳥伊くるみさんにイラストパーツや背景を描いてもらい、僕がそれを音楽に合わせて動かすという形で「架空アニソン」の制作が実現しました!

僕はひと昔前、特に昭和の時代のやたらゴージャスなオケに主人公の名前を連呼するアニソンやヒーロー戦隊ものが大好きで、いつかそんなアニソンを作ってみたいという思いがずっとありました。

海のトリトン、バビル二世、ミクロイドS、ガッチャマン、ゴレンジャー、キカイダー、エースをねらえ、リボンの騎士、アルプスの少女ハイジ、などなど、書き連ねるとキリがないほど、聴いてて飽きない曲ばかり。。

何が良いって、アレンジが素晴らしいのです。ド派手なホーンセクション、美しいストリングス、気の利いた効果音、計算されつくされたつづれ織りのようなゴージャスなオーケストラのような演奏に、雄叫びだったり、合唱だったり、ヨーデルだったり、とにかく工夫の凝らされた素晴らしい音楽ばかり。

この頃のアニソンって「実際にオーケストラで聞いてみたい!」とも思えるほど…。きっと生オーケストラで聴けたら鳥肌が立つだろうなぁ。。

さて、今回のこの「ももちゃん」のアニソンですが、まず初めに「ももちゃん」(ペンギン)は頭足類(イカやタコ)が好きだという事を聞いていましたので、実際に作曲に取り掛かる前から、最初の「イカ!タコ!イカ!タコ!」という部分のメロディーと、イカタコがクルクル踊る映像が頭の中に自然に浮かんでいました。

ももちゃんイントロスケッチ

⤴こちらがそのスケッチ。思いついたものを書き留めただけなので絵も字も下手なのはお許しを…笑。。

そしてその後に、鳥伊くるみさんに作詞をお願いしました。そして出来上がってきたのが、なんと「絵描き唄」。うんうん、昭和っぽい!

そしてその詞に、ほとんど字余りも字足らずなく、あっという間にすっぽりと曲がつきました。

メロディーメイクでの工夫は2か所。まず「小さい三角おててを生やし」の所ですが、メロディーが間延びしないようにスタッカート演奏に合うようなアクセント的なメロディーフレーズにして。

そして最後まで悩んだのが「ぽんぽんふたつのせましょう」の「ふたつ」のところを、その前の「たまごをひとつ描きまして」をなぞるメロディにすべきか、上に(#ドの音)飛び出すべきか…でした。

文字だけだとちょっとわかりにくいので、楽譜スケッチしてみました。

ぽんぽーん2つメロ

A案のように前のメロディをそのままなぞると、覚えやすく歌いやすいけどのっぺりと流れる感じ、B案のように2つの音を#ドの音に上げるだけで、このブロック(Aメロ)のメロディーがアクセント良くしっかり着地して、Bメロに繋がる感じ。

「ぽんぽん」は頭の上にあるわけですし(笑)、やっぱり上(#ド)に上げることにしました。

「ふたつ」の「ふ」と「た」の2音だけのことなんですが、これだけでずいぶんイメージが変わるものですね!

曲自体は30分くらいで出来たんですが、ここをどっちにするかを決定するまでに2日かかりました…笑。

そしてメロディーでもう一つ、特筆すべきところはイントロ「イカ!タコ!イカ!タコ!」の後の「食べ食べ」「好き好き」「モグモグ」のところ。

これオクターブで素早くメロディーが飛んでるので、とっても歌いにくいんですが、なぜこうしたか…という話です。

実はここの部分、本当は歌のメロディーではなく、クイーカというパーカッションで「コヮコヮ」を入れようと思っていたんですね。。

すぐに頭に音が浮かんだ方いますか?

昔、NHKで「できるかな」という番組がありました。知ってる方は、ゴン太くんの声と言ったらわかるかもしれないですね^^

ご興味のある方はYoutubeでクイーカで検索すると音が聴ける動画がたくさんありますので、見てみて下さいね。

そんなわけで、クイーカを入れようと思ったものの、クイーカは持ってませんし、気の利いた音源もない…。しかし幸いなことに、今回はボーカロイド作品ということで多少の歌いにくさもOK、クイーカ的メロディーを試してみたわけなんです。ちょうど歌詞もはまりますしね!

そして、アレンジ!昭和のアニソン的にストリングスや管楽器をふんだんに使ってアレンジをしてみました。

ももちゃんスコア

ヒーロー戦隊ものではないので、さすがにド派手なホーンセクションはありませんが、それはまたの機会にするとして…、今回はピッコロ・フルートのハモフレーズによる可愛らしいオブリガード、トランペット、ストリングスとの絡み、アニソン定番のティンパニー。

そしてあまり昭和になり過ぎないよう、「イカ!タコ!」のイントロ部分と、最後の「ももも、すももも、もものうち」のところにSuperior Drummerを使って今風なパーカッションリズムを入れました。

イカとタコが墨を吐く部分もパーカッションの音なんですが、何と良い具合にハマったことでしょう!!

そして最後の「ももも、すももも、もものうち~」のところはアレンジしているうちに何となく思いついちゃって、勝手につけた付け足しフレーズなんですね。

この付け足しフレーズを思いついて、ひとりククク…とほくそ笑む僕がいるのでした(笑)。

そして今回、初めてボーカロイドを使ってみました。

かの有名な「初音ミク」さんではなく、ちょっと大人なバイリンガルの「巡音ルカ」さん。本当はこの曲なら「初音ミク」さんの声がキャラが合っていたのかもしれませんが、僕が持っている唯一のボーカロイドのルカさん、しっかり歌ってくれました^^

しかし自分で歌入れするよりもずっと楽ですね^^絶対に音外れないし…笑。

「イカ!タコ!」が「イガ!、タゴ!」に聞こえてしまうのが、ちょっと気になってますが、もしかしたら「イクァ、タクォ」と打ち込めば良かったかな。。(そのうち試してみよう…マニアックは反省&学び。)

そして初めてのアニメーション動画…。今回は初めてづくしですね^^

こんな風に動かしたいという頭に浮かんだイメージを、本やYoutubeでどうやったらできるかを調べながらだったので、ちょっと時間がかかりましたが、思ったように絵が動くと、とても達成感のある楽しい作業でした!

次はド派手なホーンセクションや、雄叫びのあるヒーロー戦隊ものを作ってみたいな。

オレ、結構、マニアックだな…と、今更、気づく。。


【作詞】鳥伊くるみ
【作編曲】ヒロスノウノヲト

【楽曲制作時期】
作曲:2019年11月15日~11月17日
編曲・録音・プログラミング:2019年11月18日~11月29日
ミックスダウン:2019年12月12日

【使用機材】
DAW : Logic Pro X
Interface : Apogee Duet
Guitar : Edwards Telecaster Model
Vocaloid:巡音ルカ
Rhythm:Superior Drummer 3

【録音場所】Hiro Snownote Music Works Melbourne, Pakenham, VIC

【イラスト】鳥伊くるみ
【アニメーション&動画制作】ヒロスノウノヲト

記:2020年6月14日 Coombabah, QLDにて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!