さわらぎ寛子/コピーライター・著者
「手段」ばかり手に入れたがる人の末路。
見出し画像

「手段」ばかり手に入れたがる人の末路。

さわらぎ寛子/コピーライター・著者


 

「ブログを使って集客したい」
「YouTubeってやったほうがいいんですか?」
「メルマガってオワコンなの?」
「インスタでフォロワーを増やす方法は?」
「読者を増やすプレゼントって何がいいですか?」

 それらはすべて手段です。

 

どんなSNSをやるか?
どうやればうまくいくか?

そういう手段を学べば、手っ取り早く結果が出ます。

でも、「小さな」結果です。

 

小さな変化しか起きないから、また次、また次の手段が欲しくなる。

 

ちょっとやって、やっぱりあっちも・・・「今、流行っている手段」「誰かがいいと言った手段」がほしくなる。

 そして「たった1日で、誰でも、簡単に」というセミナーに申し込む。

 

行けばテンションが上がる、できた気になる。そして「小さな変化」が起きる。

 

しばらくすると、また「次の手段」が欲しくなる。ノウハウばかりを集めたがる人の無限ループです。

 


手段ばかり磨いても、何も起こらない


手段ばかり磨いていても、何も起きません。

 

ただ、ノウハウをいっぱい持っている人になるだけです。

次にまた新しい「ノウハウを持っている人」が出て来たら、その瞬間に価値が落ちて、値段も下がります。

だから、次々と新しいノウハウを仕入れないといけないのです。

 

必要なのは、ノウハウや手段ではありません。

 

 

インターネット時代は、すべてお見通し


どんなにブログで発信するのが得意でも、

そこに書いている内容や、あなたの人間性に魅力がなければファンは増えません。

 

どんなにSNSでフォロワーが多くても、実際に、商品を売ろうとしたら全く売れないひとなんていっぱいいます。


 今の時代、ネットでつながっている時代は、「すべてがお見通し」の時代です。

 

どんなにツールをうまく使いこなして人気者を装っても、どんなにカッコいい言葉や写真で自分を魅力的に見せても、

 「発信している人や企業」に魅力がなければ売れません。

 

言葉や見せ方だけを磨いても意味はないのです。

薄っぺらい発信では見破られてしまいます。

 

 

まず決めるべきは、自分のコンセプト、そしてミッション


ブログのアクセス数を増やすよりも、
インスタやYoutubeの発信方法を学ぶよりも、

まず初めにやることは、自分のコンセプトとミッションを決めることです。

 

自分は何者で、誰にどんな価値を提供できるのか。
どんな世界を作っていきたいのか。
どんな人を幸せにしたいのか。

 

私たちが売っているのは「商品やサービス」ではありません。

それはあくまでも手段で、それを通して実現したい「世界」を売っているのです。

その商品やサービスを通して作っていきたい「未来」を売っているのです。

 伝えるべきはそこです。

どんな未来をつくるのか。そこにはどんな価値観があるのか。

そこに共感する人が、あなたのファンになるのです。

 

それを言葉にしていないから、伝わらない。

思っているだけでは、相手に全く伝わっていないのです。

 

あなたと「繋がり続ける価値がある」と思われるために


この人の発信には価値がある、と思うからフォローされ、
この人と繋がっていたらいいことがありそう!と思うから

お金を出してあなたのコミュニティに入ったり、
お金を払ってあなたの商品・サービスを買ったりするのです。

 

価値観や世界観で選ばれる人は、「つながり続ける価値がある人」。

 

そうなるために、SNSがあり、ブログやメルマガ、HPや動画などのツールがあるのです。

ツールはただのツールです。

 

 手段ばっかり磨いても、ノウハウコレクターにしかなれません。

単発のセミナーに行くだけでは、成果は得られません。

 



自分の価値を言葉にして、自分だけのビジネスを作っていく方法をお伝えしています。




言葉で仕事をつくるメルマガ

さわらぎ寛子の書籍


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
さわらぎ寛子/コピーライター・著者
『キャッチコピーの教科書』6刷、『発信力を強化する「書く」「話す」サイクル』3刷等、4冊の著者。 「言葉で仕事をつくる」をテーマに、講座やセミナー、企業研修をしています。 HP:https://www.kotoba-works.com