毎朝同じコースを走るようになって「行きつけの神社」ができました。
祈りの時間がある暮らしって有難いことです。
愚痴や忖度で濁ってしまった言霊を清らかにする営み。
何かあったわけではないですが、日々を美しく繰り返す方法について考えることも増えましたので。
共鳴するものがあったのでしたら、有難い限りです。
1
寛ぎながら生きてます。お台場でメディアに悩む報道記者。ラジオ『今宵、貴方をしゃべり倒したくて』&ピアノ弾き語りを配信中。内田樹を私淑。映画鑑賞ソムリエ。夏はスワローズ&冬はサンロッカーズ。寂しがりやの一人好き。青春は槇原敬之とあだち充と村上春樹。昭和56年生。2男児と笹塚在住。

こちらでもピックアップされています

思考錯誤(日記のような…)
思考錯誤(日記のような…)
  • 224本

<我思う故に我あり>の手段を考えていると<我書く故に我あり>が採用されます。「書く」という手を動かす動作がどれだけ脳を回してくれるかの魅力に気づくのです。そんな書き物。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録