見出し画像

『マチネの終わりに』第八章(25)

 確かに、蒔野のコンサートには、行くべきではないのかもしれなかった。そして、離婚前後から、また俄かに昂じていた蒔野への思いが、内から少しずつ、痛みへと転じてゆくのを感じた。

 ――ところが、この長い沈黙が、思いもかけない事態を齎した。

 早苗は、伏し目がちに口を噤んでいた洋子が、再び視線をもたげたのを機に、更に追い打ちを掛けるように、次のように言った。

「洋子さんには、何も悪いところはないんです。ただ、洋子さんとの関係が始まってから、蒔野は自分の音楽を見失ってたんです。」

 洋子は、その言葉を耳にするや、色を失った。そして、愕然とした面持ちで早苗を見つめた。これまで想像だにしなかった疑念が唐突に彼女の内に芽生えて、あの夜の記憶を、瞬く間に染め直していった。

 彼女の胸の裡では、この三年間、努めて忘れようとし、ようやく薄らぎつつあった蒔野からの別れの言葉が谺していた。

 ――あなたには、何も悪いところはありません。ただ、あなたとの関係が始まってから、僕は自分の音楽を見失ってしまっています。……

 しかし、そのメッセージを今読み上げるのは、蒔野の声ではなく、目の前にいる早苗の声だった。

 早苗は、洋子の異変に気づかないまま、

「またそうなってしまうのが怖いんです。……」

 と続けて、ようやく不審らしく口を噤んだ。そして、ハッとしたように口に手を宛てがいかけて、そのまま胸の前で曖昧に握った。

「――あなただったのね?」

 早苗は、動揺を隠すように唇を噛み締めた。

「あなたが、あのメールを書いたのね?」

 勿論、蒔野があとから、自分の書いたメールの内容を早苗に語ったのかもしれなかった。しかし、洋子はこの時、三年前に放たれ、なぜか行方知れずとなっていた真実の矢に、唐突に射貫かれたかのように、確信を以て、早苗に問い正した。

 何の話か、わからないふりをするのは、もう手遅れだった。早苗は、洋子の眼差しに射竦められ、あまりにも正直に、既にその表情で、自らの罪を認めてしまっていた。

第八章・真相/25=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

54
小説家。小説『マチネの終わりに』『ある男』、エッセイ『私とは何か 「個人」から「分人」へ』『「カッコいい」とは何か』等。現在、Webでも読める新聞小説『本心』連載中!月に1度、平野啓一郎の文章が届く公式メールレター。☞ http://k-hirano.com/mailletter
コメント (6)
すごい。看破した! 奇跡的な閃きですね♪ いや、必然かな(笑)
物語の最後まで事実は閉じられたまま進むと思っていたのに!どうなってしまうのだろう・・ボールは洋子さんにある!
真実の矢は墓穴を掘ったように早苗さん自ら放した。そういう展開にですか…。洋子を深く傷つけた別れのメールの言葉、今また違う意味で洋子を傷つけます。わかった衝撃は慟哭に変わりそうです。
心の目で見るから見抜けた・・・あぁ、でも、どういう展開に・・・今後?
どんな理由でも薪野さんは早苗さんを切り捨てはしなさそうにも思えるし・・・。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。