見出し画像

『マチネの終わりに』第八章(8)

 ジャリーラと直接話す前に、もう少し詳しく情報を知りたかったので、久しぶりにフィリップとスカイプで喋った。PTSDに苦しんでいた時期には、イラクのニュースも意識的に遠ざけていたので、訊きたいことは山のようにあった。ジャリーラの家族の話だけでなく、支局にいたスタッフらの消息も気になっていた。

 フィリップは、名前を挙げる度に、硬い表情で首を横に振った。洋子も、仕舞いには先を続けられなくなって、しばらく口を噤んでいた。それから、話題を政治状況についての一般的な方面に転じた。一時間近くも、彼女は一瞬を惜しむようにして会話に没頭したが、そういうことは、ニューヨークに来て以来、ついぞなかったことだった。

 やがて、彼女自身の近況に話が及ぶと、離婚したことを打ち明けた。

 フィリップは驚いた表情をしたが、すぐに、

「おめでとう。また新しい人生が始まるよ。」

 と煙草に火を点け、一服してから続けた。

「俺は、君はてっきり、あの日本人のギタリストと結婚するんだと思ってたよ。バグダッドで、あれだけ毎日、彼の演奏を聴いたからね。リチャードとは、もう婚約してたけど、そんなの、どうにでもなる話だから。――ああ、東京に転勤届けも出してたんじゃなかった?」

 洋子は、苦い笑みを微かに頬に含んで下を向くと、髪を掻き上げ、首のあたりで押さえながら言った。

「好きだったのよ、本当に彼のことが。あんなに誰かを好きになったことはなかった。――でも、フラれちゃったのよ。」

 フィリップは、信じられない、というふうに眉を顰めると、

「大した野郎がいるもんだな。」

 と言って嘆息し、ぼんやりした目で少し考えてから、改めて独りで首を横に振った。

「パリに戻ってきたらどうだ? みんな寂しがってる。」

「それもいいけど、子供がこっちにいるから。」

「俺なら、まだ独身だよ。」

 フィリップは、本気ともつかない表情で洋子を見据えた。

第八章・真相/8=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

32
小説家です。著書は小説『ある男』『マチネの終わりに』『空白を満たしなさい』『透明な迷宮』、エッセイ『私とは何か「個人」から「分人」へ』など。

コメント1件

えーーフィリップがそんな事言うなんて…あーハラハラドキドキやめられない止まらないです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。