週刊連載で千本ノックに打たれたら、楽に本が書けちゃった話
見出し画像

週刊連載で千本ノックに打たれたら、楽に本が書けちゃった話

イラストレーター&文筆家&漫画家の陽菜ひよ子です。
このnoteでは、今までしてきたお仕事をご紹介しています。
主な内容は、お仕事の詳細や感想、依頼されたきっかけなど。

イラストをご依頼される方にとってのサンプルとなるだけでなく、イラストレーターを目指す人が参考にできるような内容を目指しています。
今までの記事は、コチラからご覧になれます。


ピヨゴルファーぴぴ


今回のお仕事は、Golfes(ゴルフェス)というWebサイト内のブログでのマンガ連載です。

ゴルフェスとは、ゴルファーのためのコミュニティメディア。(2014年開設時とは若干サービル内容が違っているようです)
https://golfes.jp/

そのために私が提案した漫画のタイトルがコレ。

画像1

あれ?どこかで聞いたようなタイトル??というのは置いておいて(笑)

無事このタイトルで連載がスタート!

内容としては、見た目通りのひよっこゴルファーのぴぴちゃん(黄色いヒヨコ)が、とっても怖い鬼コーチのヒデ先輩(右端)のしごきに負けず立派なゴルファーになる!という成長物語!!

そんな中、ゴル友のぱふくん(黒いヒヨコ)との恋バナもあったりなかったり(きゃはっ♡)

・・・そんな話です、たぶん。


一番人気だった記事?

ゴルフェスのブログのカテゴリで、私のマンガは「オモシロ」に掲載されていましたが、その「オモシロ」で4位に入っていたのが、私の書いた中で一番人気だった模様。

画像4

それがこの記事。

画像3


リンクしても切れちゃうかもしれないので
そのまま漫画を載せますね。

画像2


連載開始と終了の経緯

上記のマンガが掲載されたのは、2014年12月のこと。

「ピヨゴルファーぴぴ」の連載自体は、2014年10月から2015年2月。週1で約20回でした。そこそこ人気はあったみたいなんですが(たぶん)、途中でギブアップ。

なぜかといえば。。。最初は「編集部でもネタ出しする」という話だったのですが、蓋を開けてみたら、なんと、編集部にはゴルフ経験者が誰もいないとのこと!

結局、ネタからオチまで全部、自分で考えてたんです!(驚愕!)

ええ、私もピヨゴルファーどころか、ゴルフ経験はまったくありません。

どんどんゴルフとは全く関係のない、女子会話や恋バナ中心となって行きました。。。それも結構楽しかったですけどね!

毎週、知らないことを調べてネタを探し、ストーリーやオチまで作るという経験は、自分をかなり鍛えてくれました。翌年コミックエッセイ本を出版した際に、全章苦労なくオチが考え出せたのも、この千本ノックのお陰です。

全連載分のマンガはコチラからご覧になれます。


おまけ:イラストのタッチについて


私のイラストの振り幅はなかなかなもんですね。この振り幅が大きすぎる点が、自分がイマイチ大成できない要因かも?と思うこともしばしば。。。

イラストのタッチに関しては、いろいろ幅広く描けた方が良いというのは実は間違いで、逆に出来るだけ絞った方がいいといわれます。

とはいえ、どの絵もまったく同じような雰囲気だと、ぴったり合う仕事に出会う確率は低くなります。お仕事に結びつくまでに時間がかかるかもしれません。

また、女性向きのイラストと児童向きのイラスト、ビジネス向きのイラストは、それぞれやっぱり違うので、それぞれの媒体のテイストにに合ったイラストを、自分のタッチの範囲内で工夫する必要もあります。

自分でいいと思う絵と実際に使われやすい絵とは、違う場合も多いのです。いろんな方の助言を元に、自分のタッチを模索することも大切です。

ある程度自分の絵が浸透すれば、ひとつのタッチに絞ってもいいかもしれませんが、最初は少し幅を持たせた方がいいのかもしれませんね。

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

スキありがとうございます♡
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト
著書「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ダイヤモンド社・2015年PHPより出版。中日新聞広報誌にて取材+コラム連載中。代表的なイラストのお仕事はNHK Eテレ「すイエんサー」。インタビューとひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/