プロとアマチュアの違いとは?
見出し画像

プロとアマチュアの違いとは?

秋に出した新刊『ナゴヤ愛』(宮田雄平との共著)のために、多くの人に取材をした。
もう何年も前からの知り合いで、割とよく知ってるつもりの相手でも、じっくり話を聞くと意外な面が出て来るものだ。

中の一人に書き上げた原稿を見せると、誤字1文字以外に修正はナシ
満足してもらえたのを思い、私もうれしく「ありがとうございました」と言うと、彼から返事が届いた。
「陽菜さんに話すことで、改めて自分自身を振り返ることができました。こちらこそ、お礼を言わせてください」


取材とは書くも受けるも、己を振り返ること

本を出した後、今度は私自身が多くの取材を受けることとなった。
様々な媒体からの質問の中には、内容が似ていたり丸被りしたりする質問もある。
同じように答えているつもりでも、そのときどきで若干ニュアンスが異なり、そして出版直後と2ヶ月経った今とでは答えが変わったものもある。

改めて、自分について語るということは、己を振り返るいい機会だ。
彼の言う通り、本当にそう感じた。
と同時に、取材する側も、知らぬ間に己を振り返っているともいえる。取材相手の話を自分の中でかみ砕いて原稿を書くとき、やはりどこかでそのときの自分を投影させているものだからだ。
同じ話を聞いても、今年と来年とでは、きっと書き方は変わるだろう。


「下剋上の虎」とは?


不思議なご縁で、「名古屋おもてなし武将隊」とコラボレーションすることになった。写真家であるオットの宮田が彼らの11周年の記念撮影をしたのを皮切りに、私たちは新刊「ナゴヤ愛」を引っ提げて、「武将隊の顔」というべき織田信長公の動画に出演することになった。

その動画のタイトルが「下剋上の虎」
下剋上といえば豊臣秀吉の出世ぶりが目につくが、信長の家も父・信秀の代には守護大名の家臣の分家でしかなかった。それを打ち破って天下を上り詰めた信長自身が「下剋上の虎」

画像10

現代に蘇った信長公(御年486歳)が、今まさに上り詰めようとする、現代の「下剋上の虎」を招き、その「下剋上の秘密」について聞く!というのがこの動画のコンセプト。

これまでの出演者はかなり豪華
元SKEの声優からお笑い芸人カリスマブロガーやYoutuberなど今が旬の人々。彼らが上り詰めた秘密ならだれもが聞いてみたいと思うだろう。

がぜん、興味深くなったという人もいるのではないだろうか?


なぜ、織田信長公の動画に出演することになったのか?

ご存じない方のために補足しておくと、「名古屋おもてなし武将隊」とは、2009年に全国に先駆けて結成された武将隊の走りで、武将隊ブームのきっかけをつくった、別名「イケメン武将隊」である。

画像4

名古屋、と言っているが正確には私の本『ナゴヤ愛』と同じく「愛知県」を本拠とする三英傑(織田信長・豊臣秀吉・徳川家康)と、名古屋にゆかりのある武将(前田利家・前田慶次・加藤清正)の計6武将と陣笠隊(足軽)4名の計10名からなる。

地味にちまちまイラストを描いていた私からすれば大スターであり、雲の上の人である。
そういう方となぜコラボできることになったかと言えば、私の本『ナゴヤ愛』がここ名古屋ではそこそこ話題になっているから。

画像11

本が話題になるということは、こういうミラクルが起こるということなのだ。出版不況と言われていても、まだまだ出版には夢がある

画像5

織田信長公にサインする、の図。し、信じられん!夢かと思った。

10月半ばの暖かな日、動画収録は2時間半かけて行なわれ、11月に入ると4本の動画となってアップされた。

1本あたり約15分で全部見ると1時間。かなりのボリュームである。

そんなわけで、1本ずつご紹介するので、ご興味ある部分だけでもつまみ食いしていただければ。


動画1・・・イラストや写真の仕事を始めたきっかけ


まず1本目新刊『ナゴヤ愛』についてと、私たちの仕事をはじめたきっかけについて。

織田信長の下剋上の虎 夜明け編(前編) Part1 
織田信長×陽菜ひよ子×宮田雄平
https://youtu.be/LvCe0LrSbtU

最初の方は『ナゴヤ愛』がどれくらい話題になっているかという話と、宮田が担当した写真についても触れていただいてありがたや。

画像1

こんな感じで横並びでお話ししとります。
ちなみに背景の立派なお屋敷は、はめ込み(笑)

織田信長の下剋上の虎 夜明け編(前編) Part1 
織田信長×陽菜ひよ子×宮田雄平

https://youtu.be/LvCe0LrSbtU

このシリーズ「下剋上の虎」、まだまだ続く予定だそう。
信長さまのチャンネルに登録して他の動画も見てみよう!
フリーランスクリエイターをめざす人にはきっと参考になるはずだ。


動画2・・・フリーランスクリエイターの喜びと苦労


続けて2本目イラストやカメラマンの仕事をしていてよかったことと、逆に苦労したこと。フリーランスは大変か?ということなど。

ご興味ある方はぜひご覧あれ。
信長さまが本当に聞き上手・話し上手で、ちょいちょい歴史小ネタなども入れ込んできて面白いので、きっとあっという間に見終わってしまうと思う。

織田信長の下剋上の虎 夜明け編(前編) Part2 
織田信長×陽菜ひよ子×宮田雄平
https://youtu.be/YBR3_pVLBZs

こんな感じの質問に、ガシガシ答えております。

画像3

織田信長の下剋上の虎 夜明け編(前編) Part2 
織田信長×陽菜ひよ子×宮田雄平
https://youtu.be/YBR3_pVLBZs


動画3・・・『ナゴヤ愛』執筆の理由や執筆時の苦労


続けて3本目新刊『ナゴヤ愛』を書こうと思った理由執筆時の苦労ナゴヤのまちや人について。

私としてはここが一番見て欲しいところ。
しかし一方的な宣伝ではなく、印刷のこと(本に唐突にカラーページが現れるのはなんでか?)など、信長さまからの素朴な疑問にも答えてます。
本づくりにご興味ある方には参考になるかも。

織田信長の下剋上の虎 飛翔編(後編)Part1 
織田信長×陽菜ひよ子×宮田雄平

https://youtu.be/oLtmKVq3eCo

画像3

織田信長の下剋上の虎 飛翔編(後編)Part1 
織田信長×陽菜ひよ子×宮田雄平

https://youtu.be/oLtmKVq3eCo


動画4・・・必見!「プロとアマの違いとは?」


ラスト4本目。ここは名言が飛び出す見どころ満載で必見!
これからクリエイターをめざす人がやったほうがいいこと、プロとアマとの違いなど。

最初の方は緊張していて「ちょっと何言ってるかよくわかんないですけど」サンドのトミーに突っ込まれそうな私であったが、ここへきてだいぶ落ち着いてきた。

いやこれ、マジで役に立つし面白いので、ぜひぜひ騙されたと思って見て欲しい。

織田信長の下剋上の虎 飛翔編(後編)Part2 
織田信長×陽菜ひよ子×宮田雄平
https://youtu.be/0EE-VYjJ1lY

最後に信長さまからの『ナゴヤ愛』推しを載せてw

画像6

信長さまのこの呟きも光栄でござった。。。


織田信長の下剋上の虎 飛翔編(後編)Part2 
織田信長×陽菜ひよ子×宮田雄平

https://youtu.be/0EE-VYjJ1lY

画像7

この「下剋上の虎」シリーズ、まだまだ続く予定だそう。
信長さまのチャンネルに登録して他の動画も見てみよう!
フリーランスクリエイターをめざす人にはきっと参考になるはずだ。

信長さまが本当に聞き上手・話し上手で、ちょいちょい歴史小ネタなども入れ込んできて面白いので、きっとあっという間に見終わってしまうと思う。

画像8

画像9

そして最後にこちらの本もよろしくお願いします。

住みやすさNo・1、「カワイイ」のルーツ、クールジャパンの聖地、
最も日本人らしい日本人が暮らす、パリそっくりの街!それがナゴヤ。
ナゴヤほど楽しい街はない。歴史と文化と遊び心に溢れ、
郷土愛爆発の地元民に支えられた日本一愛すべき街、それがナゴヤ!



この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター・取材&コラム二スト

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

スキありがとうございます♡
著書「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ダイヤモンド社・2015年PHPより出版。中日新聞広報誌にて取材+コラム連載中。代表的なイラストのお仕事はNHK Eテレ「すイエんサー」。インタビューとひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/