セクハラとデートの線引きはどこにあるのか
見出し画像

セクハラとデートの線引きはどこにあるのか

出版社の編集による女性ライターへのセクハラが話題になっていますが、この業界多いです、セクハラ

だって、多くがフリーランスであるライターやイラストレーター、カメラマンなどの下請けにとって、編集者って圧倒的に強い立場の人で、生殺与奪の権利を持っているとさえ言えるんです。

女性のイラストレーター仲間から「打合せだと思って出かけたらただの食事だった」「迫られた」みたいな話はよく聞きます。それでも多くのフリーランスは声を上げることはありません。仕事をくれる編集者は神様みたいなものだからです。

とある男性編集者から「陽菜さんはもっと営業頑張らないとスゴイ美人ならそれだけでも仕事来るけど、そうじゃないんだから」と言われたこともあり。。。これもセクハラだよね。

モデルやアイドルならともかく、イラストレーターに「美人だからという理由」で仕事を回すことも、美人じゃない人に「美人じゃないから仕事が来ない」と言うこともどっちもセクハラだよ。

ま、実際のところ、美人イラストレーターセクハラされる割合って、私などの比ではないのでしょうが。

私も最近はとんとなくなりましたが、30代くらいの頃までは、よく嫌な目に遭いまして。その頃のことを書いてみたいと思います。


最初に言っておくと、ここに書いた編集者はホンの一部であり、特に私が今までお仕事をいただいた編集さんに、セクハラをされたことは一度もありません。(セクハラする奴は仕事もくれないのだ。サイテー)

ほとんどの編集さんは、創作者としてのイラストレーターにキチンと敬意を払って尊重して下さいます。そのことを踏まえてお読みいただけたら幸いです。

この記事は、単体で500円です。
この記事の入ったマガジンは、10本以上読めて1本あたり100円以下です。
マガジンの記事は今後増えますし、マガジン代金は値上げすることもありますが、一度購入したマガジンは追加料金なしでお読みいただけます。
長い目で見ると、とってもお得です。よろしければ、マガジンの購入をおすすめします。

この記事の入ったマガジンです。いずれかお好みでお選びください。

この続きをみるには

この続き: 3,405文字

有料記事を単体で読むよりダンゼンお得になっています。これからもどんどん記事が増えて行きます。

フリーランスのクリエイター(特にイラストレーター、ライター)が知っておくべき「営業方法」「ギャランティ」「モチベーション」など様々なことに…

このマガジンを購読すると、恋愛に関する人気の記事を今後も継続して追加料金なしでお読みいただけます。単体で購入するよりお得です。

うまく行く結婚や恋愛のコツについて持論を展開しています

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

ありがとうございます♡
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト
著書「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ダイヤモンド社・2015年PHPより出版。中日新聞広報誌にて取材+コラム連載中。代表的なイラストのお仕事はNHK Eテレ「すイエんサー」。インタビューとひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/