自分史上知り合って最短でお仕事が来た話
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

自分史上知り合って最短でお仕事が来た話

イラストレーター&文筆家&漫画家の陽菜ひよ子です。
このnoteでは、今までしてきたお仕事をご紹介しています。
主な内容は、お仕事の詳細や感想、依頼されたきっかけなど。

イラストをご依頼される方にとってのサンプルとなるだけでなく、イラストレーターを目指す人が参考にできるような内容を目指しています。
今までの記事は、コチラからご覧になれます。


魚・さかな・サカナ・肴


今回ご紹介するお仕事は、雑誌『大人の名古屋 vol.39』(CCCメディアハウス)に掲載された食べ物イラストと似顔絵です。

『大人の名古屋』はあの「Pen」「FIGARO japon」などの人気雑誌でおなじみのCCCメディアハウスが、ナゴヤで発行している雑誌

画像2

「ワンランク上の上質なナゴヤ」を堪能できる、まさに「大人のための」雑誌なのです。登場するのは、こだわりの高級店ばかり。

この号は「お魚特集」とのことで、特集ページ「魚を食べたくなる小説と映画」のイラストを担当。

丸善名古屋本店の書店員・熊谷由佳さんと、シネマスコーレの名物副支配人・坪井篤史さんから、それぞれのオススメをご紹介いただいています。

画像1

書籍は書影を載せるのでイラストは必要なく、映画の名シーンのみ描きました。それから熊谷さんと坪井さんの似顔絵も。

画像3

めっちゃ特徴のある坪井さん(上)の方が、なぜか苦労しました。描けば描くほど似なくなり、結局最初に描いたのを提出。
熊谷さん(下)とは面識があり、その後お目にかかったら、喜んでくださっていてホッとしました。


マニアックすぎる映画セレクトに振り回されるGW


このお仕事、実はイラストそのものよりも、それ以前の問題で苦労しました。

2017年4月終わりに依頼があり、すぐにGWに突入。編集さんから「レンタル代出しますので、映画見ておいてください」と言われて近所のTSUTAYAに行ったものの、掲載予定の映画がない。。。

それもそのはず、セレクトされた映画がマニアックすぎるんです。

シネマスコーレの副支配人・坪井さんと言えば「映画狂人」とも呼ばれるお方。

当時在名テレビ局・メ~テレ(テレビ朝日系)が密着したドキュメンタリー『劇場版 シネマ狂想曲~名古屋映画館革命~』が劇場で公開され「時の人」でもありました。

ドキュメンタリー映画は全国に巡回し、坪井さんの映画狂人っぷりは、全国に知られることとなったのです。

さて、そんな坪井さんが選んだ映画とは?
イラストから当ててみてください!


1本目:魚介のスープ


1本目は「魚介のスープ」。この映画をテーマに描きました。

画像13

このポスターで食べているスイカを「魚介のスープ」に変えてリクエストされましたが、このイラストはボツに。

画像5

やはりドーンとスープがいいだろう、とのことで、このポスターを参考にしながら映画を見て描く予定。。。でした。

画像13

しかしこの映画、DVD化もされておらず、VHSしかないんです。そりゃレンタルにあるわけない。VHS入手出来てもウチでは見られませんし。

編集さんと私が戦々恐々している中、編集長がどこからか、この映画の「スープが登場するシーン」の動画を入手して送って下さったんです。

へんしゅうちょー、素晴らしい!トレビアン!!

そうして出来上がったイラストがこれ。

画像7

さて、この映画、何かわかるかな?(最後に答え合わせします)


2本目:寿司

2本目は寿司。というか、寿司に襲われる人々

これがなんといってもすごい。B級感が半端ない

だって、仕上がった絵がこれだもん。

画像13

この映画もレンタルにはなかったのですが、ありがたいことにB級映画として有名なようで、ネット上で画像や映画の予告編ムービーなどが見られたお陰で、何とか無事完成。

寿司から刃物が生えて襲ってくるって!
これ見て魚を食べる気になれるか??どうかは別として、この映画、ちょっと見たくなりました。


3本目・・・魚


3本目は魚?と書くと謎ですが、あの人気俳優主演のハリウッド大作です。

これだけは普通にレンタルできました。が、しかし描いた絵はこんなん。。。

画像9

凍った湖で魚を獲って、生のまま食らいつくシーン。だから「魚」。

これ、アカデミー賞など各賞にノミネート・受賞されまくった名作なんです。いい映画です。

しかし、魚を食べたくなるか?は謎。。。


4本目・・・サーモンステーキ

4本目は「サーモンステーキ」。意外にもアニメからのセレクト

誰もが知る名作です。当然レンタルにもあったのですが、最寄りのお店では、何度行っても「貸し出し中」でした。さすが人気作!

食べるシーンはコチラ。

画像11

ちょいリアルな感じで再現すると、こうなりました。

画像10


さて、4本の映画、わかりましたでしょうか?

実は坪井さん、もう1本映画をおススメしていますが、誌面の関係でイラストは描いていません。なのでここにも書きません。ご興味ある方は、是非バックナンバーをご覧下さいませ。


答え合わせ


坪井さんご紹介の「魚が食べたくなる映画」は以下の通りです。

◎魚のスープ  ZAPPA DI PESCE(1992年)
 イタリア・フランス合作 
 上映時間:104分
 監督:フィオレッラ・インファシェッリ
 脚本:フィオレッラ・インファシェッリ、パトリツィア・ビスタニェージ
 出演者:フィリップ・ノワレ、マーシャ・メリル その他
◎デッド寿司 Dead Sushi(2013年)
 日本制作 上映時間:92分
 監督・脚本:井口昇
 出演者:武田梨奈、松崎しげる その他
◎レヴェナント: 蘇えりし者 The Revenant(2015年)
 アメリカ合衆国制作 
 上映時間:156分
 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
 脚本: マーク・L・スミス、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
 出演者:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ その他
◎紅の豚 Porco Rosso(1992)
 日本制作 上映時間:93分
 監督・脚本: 宮崎駿(スタジオジブリ)
 出演者: 森山周一郎、加藤登紀子 その他

後半2本はわかった方も多そうですが、前半わかったらスゴイ!

それにしても、坪井さんらしいセレクトで、ニマニマしちゃいますね。


シネマスコーレの現状

4年前には、坪井さんのドキュメンタリー映画公開で盛り上がっていたシネマスコーレ。このコロナ禍ではどうなっているのでしょうか?

こちらの記事で坪井さんご自身が、シネマスコーレの現状を語っておられます。(是非お読みください!)


お仕事をいただいた経緯


このお仕事をいただいた経緯はミラクル

今までにも割と「引き」が強く、たくさんのミラクルを引き寄せて来たワタクシめ。

講座を受けた結果、イラストの仕事を引き寄せること多し。「講座シリーズ」と名付けるとしましょう(ネーミングセンスナシ)。

文章講座を受けて本1冊のイラスト
②自治体主催の地域の文化講座を受けてイラスト講師の仕事

に続く第3弾は、書店のイベントに参加して、でした。

丸善名古屋本店さんでは、2017年当時「丸善ゼミナール(丸ゼミ)」を定期的に開催していました。

本の著者さんを招いてのトークショーが中心で、本の購入かワンコインで参加できるため、私は楽しみに参加していたのです。


2017年4月初めに開催されたのが、雑誌『大人の名古屋』編集長を招いてのトークイベント「雑誌『大人の名古屋』ができるまで」でした。

画像12

大好きな雑誌の裏側が聞ける!大コーフンでかぶりつきに座っていました。

トークショー終了後、司会の丸善S店長にご挨拶すると、S店長、編集長に私を紹介してくださったのです。サクッと名刺交換。

このお仕事は、それから約2週間後に依頼されました。仕事に結びつくまでの最短記録です。営業なんて考えてもいなかっただけに、感激は大きかったです。

ありがたや。。。


S店長には拙著を大きく展開していただき、足を向けて寝られない!方なのです。

画像13

(2015年10月、拙著「アトピーの夫と暮らしています」丸善名古屋本店での展開の様子)

まさか半沢直樹と村上春樹と井之頭五郎に囲まれるとは。

どうやって恩を返せばいいのやら!と考えると答えは一つ。

大ヒット作を書くしかないのだな、と思うのでした。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

ありがとうございます♡
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト
著書「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ダイヤモンド社・2015年PHPより出版。中日新聞広報誌にて取材+コラム連載中。代表的なイラストのお仕事はNHK Eテレ「すイエんサー」。インタビューとひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/