見出し画像

iPad mini 6のキーボード探しの旅、ついに終わりを迎える⁉️【商品レビュー】

💻はじめに

皆さんご機嫌よう☺️。ひまじん33ごう🐹です。お久しぶりです🤗。

先日、Amazonプライムデーでとても良い!と感じたモノを購入しました☺️。

iPad miniに適したキーボードはどれなんだろう?と追求してきたこれまでの筆者。もしかしたら、これにて筆者のキーボード探しの旅は終わりを迎える事が出来たかもしれません。

しかし、とんでもない罠が待っているのでした…。

~今回の流れ~

💻購入しようと思ったきっかけ

💻仕様

💻使用感

💻良い所・悪い所

💻感想(おすすめ出来るのか?)

今回は、iPad mini 6専用のキーボードケース『Moogkadan iPad mini 6 キーボードケース』のご紹介をして参ります。

購入は自己責任で…

よろしければ、おつきあいください🙇‍♂️。


💻購入しようと思ったきっかけ

noteの記事を執筆する際、メインはiPhoneですが、iPad mini 6を使用する事もあります。

その際、iPadの画面上のキーボードでは入力しづらいと感じておりました。

今まで様々なキーボードを試し、最近はEwin(イーウィン)の折り畳み式を愛用してましたが、持ち運ぶ際に以外に嵩張る事が判明。

キーボードを折り畳んだ時の厚みが1.8cm程と意外に厚く、iPad mini用に買ったアソボーゼのポーチが太ってみっともない外見に😂。

文字入力やメモ📝書き、コンテンツ視聴等を全てこなせるモノが無いかと探していたら、見つけたのが本製品なのでした。


💻仕様

✅作動範囲:10m

✅使用電圧:3.3~4.2V

✅充電電流:250mA

✅待機時間:60日間

✅連続作業時間:5時間(バックライトON)、300時間(バックライトOFF)

✅バッテリー容量:500mAh

✅充電時間:3時間

✅キーボード寿命:500万回
出典:製品同梱の説明書

本製品はiPad mini 6専用のキーボード。ProやAirとは違い背面のキーボード用の端子が無いので、Bluetooth式となります。

キーボードとiPadとの接続はマグネット式で、純正のMagic Keyboard程の「バチッ」とした強力さは無いもののしっかりと貼り付いてくれます。

待機時間は60日間と長め。ですので、急に使用したくなった時にバッテリーが切れていた、という事はほとんどないです。

連続作業時間はバックライトONで5時間と短めですが、OFFなら300時間と現実的な数字。

バックライトはfn+cmdキーで4段階調整できますが、光量MAXでもそれほど明るく無いので、OFFで問題ないかと。

また、fn+alt optキーでカラーバリエーションの変更も可能なので、ゲーミングキーボードのような感じにする事も出来ちゃいます。

キーボードの寿命(打鍵回数)は500万回。筆者が所持しているKeychron K8が5000万回、Ewinの折り畳み式が1000万回なので、相対的に短めのものとなってます。

バッテリー容量は500mAh、充電時間は3時間と容量に対して長め。いざとなったら、USB C to Cケーブルを使用すれば、iPadからの給電が可能です。

ちなみに同梱ケーブルはキーボードの充電のみに対応した、USB A to Cケーブルのみです。


💻ペアリング方法は🤔?

製品同梱の説明書。この説明書だけ日本語対応。

ペアリング方法は、画像ですと文字が小さく見づらいので、以下に表記しておきます。

  1. キーボード右上の電源ボタンを3秒以上長押し。

  2. fnキーを押しながらCキーを押す。これでキーボード側のBluetoothがONになります。

  3. iPad側の「設定」→「Bluetooth」で、BluetoothのONにしてペアリングする。

  4. iPad側の画面にPINコードが表示される場合は、キーボードで数字を入力してEnterキーを押す。

一番最初は、キーボードが充電されていないので、充電してからペアリングした方がよいかと。


💻使用感

💻キーボードの打鍵感

ご覧の通り、iPad mini 6のサイズに合わせて作られているので、キーが通常のモノに比べ小さいです。正確な指運びが求められます。

通常のキーボードと同じく、FとJにホームポジション用のポッチがついてますが、キーが小さくキーピッチも短いので、タッチタイピングは正直言ってやりづらいです。小指は使わないなど、ある程度の妥協が必要かも🤔。

また、リターンキーもものすごく小さいので、特にJIS配列に慣れた方(筆者です)は慣れが必要ですね。

打鍵感は可もなく不可もなく。おそらくシザー式と思われます。純正のようなポチポチ・パチパチと言うよりかは、一般的なノートPCのキーボードとメンブレン式を足して2で割ったような感触でした。


💻ショートカットコマンドはしっかり実行できる🤔?

iPad OSに搭載されたショートカットコマンドは9割がた実行✅できます。ショートカットコマンドは、コマンドキーを長押しするとiPadの画面上に表示されます。

ホームに戻ったり、コピー・ペースト・カット等の基本はもちろんできますので、全てこなせるわけではないですが不便する事はないかと。


💻ファンクションキーを駆使すれば…

説明書。表面(画像)は中国語表記、裏面は英語表記。キーの上に線が走っている箇所は、ファンクションキーとの同時押しで様々なアクションが可能です🙆‍♀️。

ファンクションキーと特定のキーとの同時押しで、様々なアクションを実行できます。例えば、

  • fn+1でホーム画面へ

  • fn+2で光量減

  • fn+3で光量増

  • fn+4でスクリーンショット

  • fn+5で画面上にキーボード表示

  • fn+6でSiri

等々。


💻タッチパッドの使い心地は🤔?

純正のMagic Keyboard並の大きさがある、本製品のタッチパッド。使い心地はどのようなものなのでしょうか?

ざっくり簡単に書くと、純正が10点満点中10点だとすると、8.5点といった所。

動作がもたつく事なく、ピンチイン・アウトやアプリ間移動などのジェスチャーもしっかりこなせます。

また、iPad側の「設定」→「一般」→「トラックパッド」において、軌跡の速さの調整も可能。個人的には最速(ウサギ🐰マーク)がおすすめです😃。

…なぜ8.5点という点数をつけたかと言うと、純正に比べ若干クリックの反応が鈍い所があったため。これはコツがあって、タッチパッドの真ん中より下の方を意識してクリックすれば、しっかり反応してくれます。それ以外は概ね不満はありません。


💻良い所・悪い所

☺️良い所

画面がフレキシブルに可動するため、様々な運用方法が可能

✅キーボード・タッチパッド共に主要アクションを大体使えるので、画面を触らずにほとんどの作業が出来る

✅iPadとキーボードとの接続はマグネット式なので、他社のUSBハブと干渉しない

通常のキーボードとしての機能はさることながら、本製品の最大の良い所は、画面がフレキシブルに可動する事。それにより、

自分以外にiPadの画面を見せたい時に。ちなみに、360°回転可能です。
180°開く事も可能。
180°回転させて、閉めればこのようにメモ📝モードに。
このようにスタンドとしても!

iPadで想定しうる、ほとんどの使い方が出来ちゃいます☺️。

スタンド等を別途持ち歩かなくても良いので、持ち物が相対的に減り軽快な運用が可能です☺️。

また、マグネット式の接続方法なので、他社製のUSBハブと干渉しないのも地味なプラスポイント👍。

他社製のキーボードケースは、iPad側にもケースをつけなければならないモノがほとんどなので、これは嬉しい。

😰悪い所

そもそも技適に適合していない

✅キー・ピッチ共に小さいので、長時間のタイピングには不向き

✅キーボードとiPadを接続するマグネットの磁力が強くないので、無理に閉めようとすると脱落する

✅重くなる

本製品の致命的欠点は、電波法が定める技適(技術基準適合証明)に適合していない事。

技適のマークが…無い‼️(ちなみに、レッドブルシール(別売り)の両脇にあるスタンドは別売りのモノです)

電波法上、技適マークの無い製品を使用した場合、総務大臣の免許の無いまま無線局を開設したこととなり、第110条第1号により1年以下の懲役又は100万円以下の罰金刑に処される😱との事。

直ちに逮捕されるような事はないそうなのですが、安心して堂々と使用する事が出来ません…。


💻感想

使用感に不満は無いものの、技適マークが無いために堂々と使用出来ない本製品。

当然の事ながら、おすすめ出来るか否か、で言えば、否。

購入・使用は自己責任でよろしくお願いします🙇‍♀️。


💻最後に

如何でしたでしょうか?久々の投稿&ガジェットレビューでした。

今回の買い物は失敗か成功かで言えば、法的な意味で失敗でした😰。

8千円程と決して安くない授業料でしたが、個人的には満足です。こっそりと使っていこうと考えております。

それでは、今日はこの辺で🤗。

また会いましょう☺️。


とらねこの共同マガジンに参加させていただいております‼️⏪

ひまじん33ごう🐹|十勝のnoterってどんな人?

ガジェットレビューも行ってます‼️

Twitterもやってます‼️

人気サイトである「note」を利用している当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ひまじん33ごう🐹|十勝のnoter

よろしければ、サポートをお願いいたします!筆者のブログをより良くするためだけに使わせていただきます!