名称未設定アートワーク

動物モチーフの館~鳩山会館~前編

地下鉄有楽町線「江戸川橋」駅から徒歩7分。

立派な正門を抜けるとさらに坂がある。

画像1

全力坂ごっこをしながら急な坂をのぼるとやっと見えてくる…

画像2

【鳩山会館 (旧鳩山一郎邸)】

画像3

鳩山会館は関東大震災の翌年に建てられ、設計は戦前期を代表する岡田信一郎

岡田信一郎と鳩山一郎は旧制中学校以来の友人関係で、とても親しかったらしい。

幼なじみand親友というわけですね。

画像は、よくCMやネットで見るやわらかい印象の南側の庭園からの鳩山会館外観。

その姿はとても可愛らしい。

庭園には鳩山一郎像も。

画像4

(記念に1枚)

3連アーチの開口部に個人的に大好物のドーマー窓。

このドーマー窓がある事によってシルバニアファミリー感のある可愛らしい雰囲気に…その位重要なアクセントとなっているドーマー窓。

画像5

好き。

よく見ると屋根にはミミズクがいる。
旧首相官邸にも置かれているミミズク。

きっと意味があるに違いないと思ったら、ギリシャ神話ではミミズク(フクロウ)は「知恵の女神アテーナ」の鳥で知恵のシンボルとして有名らしい。

関係あるようでないのだが、私は何年か前にカラヴァッジオ展の「ナルキッソス」の絵を初めて見たとき、その美しさにビビビとしびれてしまいそれからギリシャ神話を知ろうと本を読んだのにアテーナのミミズクを全然覚えていなかった…。

やっちまった。
ナルキッソスばっかり意識いっちゃってた。

(う〜ん、やっぱり美しい)

画像6

カラヴァッジオ 『ナルキッソス』
1598-99 110×92cm ローマ国立美術館

鳩山会館ではやはり鳩だけに鳩モチーフの飾りが多数ある。

ミミズク・鳩…玄関側には「ある動物」もいる。

大物政治家のお屋敷なのに、こういった遊び心があるのが面白い。

next 玄関・そして内部へ

◾️鳩山会館(旧鳩山一郎邸)
◾️東京都文京区音羽1-7-1
◾️大正13年(1924)
◾️設計者 岡田信一郎
◾️地上3階、地下1階
◾️地下鉄有楽町線 江戸川橋駅から徒歩7分
◾️入館料 一般600円
◾️開館 10:00〜16:00
◾️休館 月曜日

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはタテモノ巡りの際に使わせていただきます!

うれしい!らぶ!
5
建築をもっと身近に。日常が楽しくなる散歩をしてます。|近代建築|レトロビル |古き良き空間|喫茶店|Instagramでタテモノ□正方形□レポート更新中⇨http://instagram.com/hikarudon12】 Twitterで#毎日タテモノ はじめました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。