見出し画像

雨のせいにして


雨の日は静か

鳥の声も聴こえない

犬の鳴き声も

子どもたちの笑い声も


雨の日は家に閉じこもり

ごそごそと自分の用事を片付ける

窓から見える雨粒を

少し恨めしそうにながめながら


今日の予定は明日にまわそう

あれもこれもと思いついたところで

ちょっと休憩

ああ疲れた


家の中にいるだけなのに

気持ちが滅入る

ちょっと休憩

コーヒータイム


テレビを見ると

天気予報は明日も雨

僕は ごろんと横になり目を閉じた

しとしと降り続く雨音が

脳や体にしみ込んでいく


早くやんで欲しい気持ちと

いつまでも降り続いてほしい気持ちが交差する

雨のしずくはやさしそうなふりをして

僕のやる気をそいでしまう


雨の日は静か

だから僕は

ちょっと休憩

時が止まったかのような

時間を過ごし

雨のせいにして

僕は自分を甘やかす





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

気に入ってくださって光栄です。蛙の鳴き声を聴くと何だか嬉しくなります。
44
作家。著書「自閉症の僕が跳びはねる理由」「自閉症の僕が跳びはねる理由2」「跳びはねる思考」「あるがままに自閉症です」詩集「ありがとうは僕の耳にこだまする」他多数。最新エッセイ「絆創膏日記」 東田直樹オフィシャルサイト https://naoki-higashida.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。