見出し画像

副業/複業周りの議論が盛り上がっているので思うことを

こんにちは。
一気に暑くなって超大型の台風も来て、夏!という感じですがみなさんお元気でしょうか?

今週に入って、Twitter上で副業についてインフルエンサーはじめ多くの方が意見を表明して盛り上がってますね。
一応、働き方に関する会社をやっている身なので私が考えていることも書いていきたいなと思います。


まずは副業関連のインフルエンサーなどの意見を




さまざまな意見を見ましたが、インフルエンサーなどに共通している意見として

- 本業頑張れ
- 本業で成果出していない人は副業より先に本業で成果出すことに集中しろ
- 成果出しても給与上がらないのであれば転職しろ


こんな感じでしょうか。
本業頑張れない人は副業やっていないで本業で成果出すことに時間使いなさい!ということですね。この意見は至極最もだなと思います。
副業の方が本業より稼いでいる人はまだ少数でしょうし、時給単価にしても本業の方が高いという方は多いかもしれません。

またえとみほさん( @etomiho )もおっしゃってますが、20代〜30代後半くらいまでが一般的にみて年収を上げるチャンスのタイミングで、その時の年収が高ければそのあとも年収高いまま転職できる可能性が高くなりますが、そのタイミングで年収低いと40代超えてから転職により年収をぐっと上げていくケースは多くない、というのは一定真実だと思います。
そういった意味では本業頑張る、というのは経済合理性は高いと言えます。



ここからは私の意見



この続きをみるには

この続き: 2,010文字
記事を購入する

副業/複業周りの議論が盛り上がっているので思うことを

石倉秀明

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」嬉しいです!ありがとうございます!
22
bosyuの責任者。キャスター取締役COO。8/27に初の書籍 #コミュ力なんていらない 発売。予約はこちら → https://amzn.to/33py414 | @livenewsalpha コメンテーターetc | 4歳になる娘が大好き。アイスはチョコミント派です

こちらでもピックアップされています

人口減少時代の人材ビジネス論
人口減少時代の人材ビジネス論
  • ¥800 / 月

労働人口減少、働き方の多様化、組織形態の複雑化など雇用や働き方をめぐる動きが大きな変化をしている中で、人材ビジネスと呼ばれる業界の変化が遅い。この時代、さらに未来に向けて必要とされる人材ビジネスとは?何かを考えて綴るnoteです

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。