仙台フィル×山響楽団 たい平さんと異色の共演 石巻で語り付き演奏会
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

仙台フィル×山響楽団 たい平さんと異色の共演 石巻で語り付き演奏会

石巻Days ~未来都市の生き方~

 仙台フィルハーモニー管弦楽団と山形交響楽団の合同演奏会が11月27日、マルホンまきあーとテラス=石巻市開成=で行われ、落語家で石巻観光大使の林家たい平さんがゲスト出演。組曲「アルザスの風景」の語り付き特別版で異例のコラボを実現し、約800人の聴衆を喜ばせた。

 たい平さんが登場したのは2曲目。オペラで知られるフランスの作曲家マネスの組曲をたい平さんの語りを入れて演奏する、この日だけの特別バージョンだ。数年前、仙台フィルが障害者の招待公演で企画した内容を石巻版に編成した珍しいプログラム。

 作品は、フランス西部、ドイツと国境を接するアルザス地方を「日曜の朝」「酒場で」「菩提樹の下で」「日曜の夕方」の4つの場面で構成。これを、石巻から飛行機でアルザスにやってきた大学生イシちゃんが、故郷に残してきた恋人マキちゃんに思いをはせながら、土地の情景を語っていくという物語にした。

仙台フィルたい平共演 (47)

「アルザスの風景」を語ったたい平さん

 はかま姿のたい平さんは「今頃マキちゃんはどうしてるだろうか」と恋人を思い出したり、酒場ではワインだけでなく「日高見、墨之廻を持ってきて」と石巻の地酒を注文するなど笑いを誘った。

 また、うぐいすの鳴き声や「ヒュルヒュル」と玉が上がって花火が音を立てる場面などお得意の芸も披露。持ちネタを演じるような自在な語りで約20分の異色の組曲を作り上げた。

 演奏が終わると、客席から大きな拍手。たい平さんは指揮のパスカル・ヴェロさんと笑顔でグータッチした。

 1年違いで誕生した山響と仙台フィルの約1年4カ月ぶりの公演は「ボレロ」など息の合ったスケールの大きな演奏で大成功を収めた。

 大役を終えた、たい平さんは後半の冒頭ステージに登場。「こんなに口が乾いて足が震えたのは初めて」と話して笑顔を見せた。終演後は「落語の人情話のような場面もあったし、古典落語もクラシック。より多くの方にクラシック音楽を楽しんでいただくお手伝いができればまたやりたい」とホッとした表情を見せた。【本庄雅之】


現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
石巻Days ~未来都市の生き方~
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。