見出し画像

アルケミー『錬金術』③

では、どうすればいいかといえば、

セシウムの中でまた分けていく。

137はこっち、134はこっち、というふうに分けてやることができるならば

錬金術を施す可能性は少し高くなる。

しかし、セシウムとストロンチウムを分けるのは、

いわゆる化学分離、ケミカルな反応で分けられるわけですけれども、

セシウムの中で分けるということは、

どんな化学操作をもってしてもできないわけで、

今度は同位体分離という

物理的な法則を使ってやらなくてはいけない。

それをやろうとすると、

また猛烈なエネルギーがかかってしまうわけで、

結局できないということで、

ずーっときたのが現在の位置です。

科学ですから、いつの時代でも

飛躍をすることはあったので今後も何かのブレークスルーがあって

うまい方法を思いつくことはあるかもしれませんが、

これまで70年やろうとしてきた方法では多分できない。

#コラム #エッセイ #ノンフィクション #科学 #化学 #原子力発電所 #核 

#セシウム #ストロンチウム

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご覧頂き感謝いたします( T∀T)
2
ゆきちゃんのnoteでの姿で免疫細胞のため殺し屋で反日人種。 Twitter @chaosJapan
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。