見出し画像

新型コロナウイルスに対応するHAX

本記事はHAXのGarrett Wintherが執筆したブログ記事を翻訳したものです。
原文はこちらから
https://hax.co/blog/hax-adapting-to-covid19

私たちHAXは新型コロナウイルスが及ぼす影響に迅速に対応し、投資先のスタートアップをサポートしています。現在も危機的な状況が続く中で、ハードテック分野※のスタートアップがスピードを落とすことなく事業を進められるよう、私たちは現在も積極的に投資を行うとともに、コラボレーションのための新しい取り組みを進めています。

何年もかかるような変化が、この数カ月間で起きたように感じます。深センに最大の拠点を置くHAXが、新型コロナウイルスの影響を最初に受けたのは2020年1月でした。

当初ははっきりとしないことが多かったものの、サンフランシスコと東京の拠点を閉鎖し、スタッフの隔離、数十カ国の投資先企業に対する大きな決断を迅速に実行しました。 今もなお、多くの人が不安定な状況下にいることは間違いありませんが、HAXのスタートアップがその中で果たすであろう役割と、この先の未来には希望を持っています。我々は、世界中で進む健康危機への対応として、いくつかの行動を起こしました。

新型コロナウイルスとの戦い

HAXと投資先企業は、製品を迅速に製造するだけでなく、製造した製品を世界中に届ける独自のスキルを持っています。私たちは1月から数十万単位のPPE(医療従事者向けの防護具)を世界中に届けました。

スタートアップは自らの技術を、地元の医療システムの支援に活用するだけでなく、地元の病院、企業、エッセンシャルワーカーをサポートするための新製品を驚くべきスピードで開発しました。

今年、HAXは新型コロナウイルス対策に直接関わる製品を製造する企業に、数十億ドル規模の投資を行いました。投資先企業は、CRISPRを活用した迅速かつ低コストな検査自動化ツールを用いた新型コロナウイルス検査のスケーリング感染リスクを抱える集団における呼吸器系の変化の同定オフィススペーストイレ病院を消毒するロボットの開発に取り組んでいます。

世界で最もアクティブなVC

今年の景気の先行きが不透明な多くのVCとは異なり、SOSVは2020年第2四半期において世界で最も活発なVCでした。一部の投資家はここ数カ月間、投資活動を一時停止してますが、私たちはハードウェア・テクノロジーの提供を通じて、来たるべき未来に向けて、投資額を倍増させました。 

難しい挑戦を強いられる場面もありましたが、長年に渡る国境を越えたリモートコラボレーションを構築していた経験が功を奏しました。また、刺激的な起業家が増えたこともあり、ここ近年の投資活動は私たちにとって最もエキサイティングなものであり、その成果を世界中に共有することを待ちきれません。

リモートコラボレーションと航空貨物のプロトタイプ

新型コロナウイルスは製品開発や流通に大きな悪影響を及ぼしましたが、私たちのチームは支援プログラムをリモートで実施したことによって迅速に対応することができました。

新しい開発ツール、共同作業のためのプロセス構築、試作品を世界中に出荷する手法をあみだしました。 2020年にHAXプログラムを開始したスタートアップは、主にビデオ通話とデジタルコラボレーションツールを介してHAXと連携していますが、最も特徴的なのは、深センにいるHAXチームから試作品や部品、サンプルを安定して受け取ることができることです。

世界のあらゆる施設が閉鎖する中、深センは2020年3月初旬に安定しました。パートナー、メーカー、ベンダーの多くがフル稼働に戻り、一部制約があるにもかかわらず、世界中のチームに必要な試作品を提供することができました。

サンフランシスコ拠点へのアクセスは、新型コロナウイルスに直接関わるプロジェクトを携わるチームのみに制限されたままです。スタートアップは依然として投資家とのやりとりを絶やさず、オンライン上でのやりとりを通じて資金調達しています。私たちは、この新しい資金調達の手法に可能性を見出しており、世界中の投資ネットワークへアクセスするための新しい仕組を構築している最中です。

サンフランシスコ、深セン、東京の各地で直接協力できる日を楽しみにしていますが、それぞれの地元の公衆衛生に対する取り組みを支援することを優先し、ハードテック分野のスタートアップができるだけ早く動けるようにアジャイルな体制を維持していきます。

「K字回復」 に向けたスタートアップ支援

産業や人口、地域間において、回復の兆候を示す度合いはバラバラです。 来年を乗り切ることができないスタートアップもあれば、すでに新しい需要に迅速に対応するスタートアップや、市場からの反響を全くを感じていないスタートアップもあるでしょう。

これは特にハードテック分野の企業にありがちなことで、戦略、計画、資金管理への絶妙なアプローチが必要です。多くのスタートアップが夜遅くに緊急取締役会を開き、厳しい決断を下してきましたが、最終的には投資先スタートアップの多くが成長し、市場においてより良いポジションに位置しています。この先もスタートアップにとって多くの難題が待ち受けているでしょうが、ハードテック系の企業は今後、さらに大きな役割を担っていくだろうと私たちは考えています。

変革と進化を続けるHAX

2012年に最初の投資を行って以来、私たちは常に変化しつづけてきました。それは今後においても変わりません。

HAXのプログラムには、新型コロナウイルス以前の状態に戻るものもあれば、まったく新しいものに進化するものもあります。現在行っているすべての変革を公開しているわけではありませんが、数か月以内には皆さんに更なる情報を共有できることを楽しみにしています。

(翻訳・編集:HAX Tokyo)

SNSでもスタートアップ関連情報を紹介しています

Twitter: https://twitter.com/HaxTokyo
Facebook: https://fb.me/haxtokyo

HAX Tokyo オフィシャルウェブサイト https://www.hax.tokyo/

6
HAX TokyoはSOSV、SCSK、住友商事の共同運営による、ハードウェアに特化したアクセラレータープログラムです。 シードステージのスタートアップの成長を加速する3ヶ月間のプログラムを提供しています。 https://www.hax.tokyo/