teaholic

2019/11/5

やっと秋が姿を現した
空は高く空気は乾燥している
とろりとした産毛の口当たり
茶色〜オレンジ色の味わい
静かな午後に似合う
ほんわりとした紅茶

小葉紅茶 蜜香 御賞松紅優良賞

もっとみる

鳳凰単欉鴨屎香

ショートケーキを食べた後のような
軽くて広い暖かな香り

停滞していたモノが
ドッと動き出すような味
透明な山吹色のとろみ

あと一歩で短剣が懐から出そう

もっとみる

和敬清寂

わけいせいじゃく
全てのお茶の心が込められている言葉です。

「和 」互いに心を開いて仲良く
「敬」互いに敬いあい
「清」目に見えないモノまでも清らかに
「寂」 如何なることにも動じない心

「茶会の空間において、お点前をする主人と賓客(招かれている人)が、お互いの心を和らげ謹み敬い、自身も茶会の雰囲気をも清らかに、何か起こっても動じない」というような意味です。皆が同じ方向を向いてトンネル

もっとみる

*Moderato cantabile〜

楽しみに待っていた今年のUvaに
ス〜と躱される。

「基本に戻ってみたら」と
脳みその奥から声がした。

茶葉の量は多めに
蒸らし時間は長めに
ソーサーまで温めて
熱い鮮烈な紅茶も好きだけれど
このお茶と美味しい時間をご一緒するには
「基 もとい。」
適切な距離を保つ。
スレスレを味わう。

ふふふと笑ってくれた。

UVA HIGHLAND Tea Estate

もっとみる

“喉が渇いたら水を飲み 心が渇いたらお茶を飲む”

「茶」は、読んだり教えられたりして理解したり、出来るようになるモノでもない。

私の仕事は、ただの文化の遺伝子の運び屋だ。それが誰かの茶沼に嵌るきっかけの一つになれば幸い。一見無意味に思われがちだが、真剣に茶と向き合うのも仕事のうちだ。そして、粛々と伝えて使命を果たすだけ。

“虚の部屋で茶を啜る事は一つの宇宙で、大なるものと小なるもの双方を感じる事である。それは美でもあり又一つの道である

もっとみる

雷雨の後に

いつもなら覚醒系の紅茶を選びますが、紅茶を淹れるのが面白かった小さい人に戻れるような紅茶を☺︎
しましまのエプロンを着けたムーミンママが温かく家に迎え入れてくれるような、懐かしい味わい。
udapussellawa 
ウダプッセラワ

お茶が好きな人が集う
最高の場所でありますように☺︎

もっとみる

翡翠色の時間

雨が降ってきたので
○○雲霧みたいな緑茶を飲もうかなと選んでいたら、ふわ〜っと扉が開いた。
白銀の光の中にすらりとした影。

埋めようもない「穴の空いた心」を見えないように包んで。
置いて逝かれたお茶を携えてご来店された。

もっとみる

透明なみどり

重たい雲が垂れ込める時
灼熱の太陽から逃れた時
独りゆっくり
グラスを傾ける

もっとみる