pine

無料!!自動で平行チャネルを引く!!

※表示価格は投げ銭用です。無料記事です。

おはようございます。養分です。昔に作った自動で平行チャネルを引くインジですがTrading Viewで色々と出来るようになっていたのでコードを弄って使いやすくしてみました。

1.Trading Viewのアカウント作成

高機能チャート【Trading View】は下記リンクより登録できます。

登録より1ヶ月はどのプランも無料となりますので「プレミア

もっとみる
ありがとう!
26

無料!!FIBONACCIを雲のように使う!!MTF仕様!!

※表示価格は投げ銭用です。無料記事です。

おはようございます。養分です。今回はフィボナッチライン0.618と0.382のみ表示させて使っているという意見を頂いて雲のように機能したらなぁと思い作ってみました。これでFibonacciシリーズは最後にします…笑

1.Trading Viewのアカウント作成

高機能チャート【Trading View】は下記リンクより登録できます。

もっとみる
ありがとう!
8

無料!!短期トレード用!!長期直前確定足の様々な位置に水平線を引く!!MTF仕様!!

※表示価格は投げ銭用です。無料記事です。

おはようございます。養分です。水平線インジを試行錯誤していたところ、たむたむ氏にアイデアをいただき作ってみました。長期の直前確定足を見ながら短期にてトレードすることの有用性は誰もが知るところであります。

1.Trading Viewのアカウント作成

高機能チャート【Trading View】は下記リンクより登録できます。

登録より1ヶ月はど

もっとみる
ありがとう!
17

[BFS-X用ロジック]kawausobotの販売

5/18 購入者が少なくなってきたため損益公開を一旦停止しました。
5/6 kawausokunにて使用できる設定ファイル(parameter2,parameter4)を有料部分に追加しました。(kawausokun有料部分に解凍パスワードを記載しています。)  BFS-Xにて損益送信用コードをロジック内に記載しなくて良くなった為
  ロジック内損益送信部分を削除しました。
  合わせてお願いとし

もっとみる

“うつくしまつ”。 なんてよい響き!    【松 シリーズⅣ】 Utsukushimatsu". What a good sound!

京都 四条通から花見小路通りを南に下がると、京都の最古の禅寺「建仁寺」がある。その建仁寺塔頭である大中院の門前に珍しい樹木がある。花見小路通りに面しているので、建仁寺の行きかえりは必ず通るのだが、残念ながら気づいたことがなかった。
昨年、たまたま大中院の前を通りかかった折に、庭師の方が、その珍しい樹木を剪定されていた。足が止まり何気なく声をかけた。
「この樹は、何ですか?」
「松ですよ」 という返

もっとみる
Thank you for the like!
24

湖上の浮御堂を守る松、龍の如く。   【松 シリーズⅢ】 A pine tree that protects Ukimido on the lake, like a dragon.

琵琶湖大橋を渡り堅田方面へ数キロ走ると湖上に浮く「浮御堂(うきみどう)」が見えてくる。堅田地域の湖岸は、風光明媚なところとして人気の観光スポットになっている。

「堅田の落雁」は近江八景の一つとして歌川広重が描いている。その絵にあるように、湖上に突き出ている浮御堂が目をひく。ちなみに堅田の落雁とは、浮御堂付近の湖上に雁の群れが舞い降りる情景のことをいう。

 阿弥陀像千体  /  thousand

もっとみる
Please share this blog!
18

「源義経 鎧かけ松」が四天王寺の松の伝説に【松 シリーズⅡ】    “Minamoto Yoshitsune's armored pine” becomes the legend of Shitenno-ji pine

昨年、用事があって大阪 四天王寺さんを訪れたとき “松づくし” に驚いた。まず、本坊玄関の衝立には見事な松の画が描かれていた。そして、待合いの大広間の中庭には黒松だろうか、あるいは五葉松だろうか、それは見事な松が植えられてあった。
煎茶席で使った茶室が「和松庵(わしょうあん)」という。松下幸之助氏が寄贈されたものと聞いた。さらに、座談会が行われた方丈の床の間には歴史を想像させる中国松の壁画が描かれ

もっとみる
Thank you for the like!
27

龍が天に昇るが如く。【松 シリーズⅠ】 Like a dragon rising to heaven.

拙宅の小さな松を自分で剪定するようになり十数年が経つ。1年に一度の剪定にも関わらず、松への思いが年々深まる。手を掛ければ成長する。命あるものへの愛情が生まれてくる。寺院を訪ねると気になるのがやはり松である。手入れされた松の姿にみとれてしまう。整えられた形は、素人の私でも非常に関心が深いところである。

中国では昔から、松は龍を意味する言い伝えがある。それが日本にも伝承され、いまでも松は神仏として扱

もっとみる
おおきに! あなたも佳い一日を!
32