LINEアカウントメディア

格闘技専門誌が紡ぐ“物語”	 日系ブラジル人格闘家への取材に込めた思い
+8

格闘技専門誌が紡ぐ“物語” 日系ブラジル人格闘家への取材に込めた思い

「泣きながら読んだ」「力の入った記事だった」――6月11日、ある記事が話題を集めました。タイトルは「デカセギからRIZINへ~サトシとクレベル、日系ブラジル人とボンサイ柔術と日本の絆」。格闘技専門誌「ゴング格闘技」とLINE NEWSとの特別企画によるものです。総合格闘技の大会に出場する2人の日系ブラジル人格闘家の軌跡を追ったこの記事は、彼らの歴史や社会的背景まで深掘りしたもので、格闘技ファンの枠を超えて各方面から多大な反響が寄せられました。 記事を書いたのはゴング格闘技の

スキ
18
売れ続けるモノ雑誌MonoMaxに聞く
読者ニーズとデータの読み解き方
+9

売れ続けるモノ雑誌MonoMaxに聞く 読者ニーズとデータの読み解き方

コロナ禍で暮らしが変化し、身の回りのモノを見直す動きが加速する昨今。宝島社のモノ雑誌「MonoMax」が読者から厚い信頼を得ています。 「どれを買えばいいか決める誌面」「モノが活躍するシーンを描く編集」など読者に欲しいと思わせる誌面作りを武器に、「モノ・トレンド情報誌」としては5年連続で販売部数1位を取り続けています。 デジタル分野では、2015年にWebメディア「MonoMax Web」を本格的に始動。2016年にはLINEアカウントメディアに参画し、広告メニューである「

スキ
6
LINEユーザーの心をつかむ「タイトル」とは? 人気子育てメディアがたどり着いたノウハウ

LINEユーザーの心をつかむ「タイトル」とは? 人気子育てメディアがたどり着いたノウハウ

13字、24字、8字…。これが何の数字か、分かりますか? メディアからユーザーに向けて8本の記事を1セットにして送るLINEアカウントメディアでは、配信面(ダイジェスト面)に設定できるタイトルの文字数が決まっています。 そのタイトルの文字数が、冒頭で紹介した数字です。 8本の記事をどんなテーマで構成するか、そして限られた文字数の中でタイトルにどんな言葉を選ぶかで、ユーザーの反応が変化します。そのため、タイトル作りはアカウントメディアの運用担当者が一番頭を悩ます仕事であると同

スキ
5
テレビ埼玉、テレビ新潟、PGA TOUR、Martが新規参画
+8

テレビ埼玉、テレビ新潟、PGA TOUR、Martが新規参画

360*を超える多種多様なメディアがニュース配信を行うLINEアカウントメディア。その中から、さまざまな切り口で注目のメディアをご紹介します。 今回は、5月に新たに参画したメディアをご紹介します。 * 2021年5月時点 LINE MOOKおよび自社媒体含む 5月25日(火)、アカウントメディアに新たに「テレ玉NEWS」「新潟ニュースTeNY」「PGA TOUR」「Mart NEWS」の4メディアが参画しました。 これに合わせて、対象のメディアの中から3メディアを新たに友

スキ
5
GDOゴルフニュースが考える“読者エンゲージメント”

GDOゴルフニュースが考える“読者エンゲージメント”

【NEWS AWARDS 2020 受賞メディアインタビュー】 LINE NEWSは、LINEアカウントメディア プラットフォーム(以下アカウントメディア)に参画するメディア(2021年3月時点で360以上)から、毎年「LINEユーザーに支持されたメディア」を発表しています。発表の場は、LINE NEWSが主催する「NEWS AWARDS」。その年を彩る「話題の人」や「記事」なども同時に表彰するニュースの祭典です。 「LINEユーザーに支持されたメディア」では、参画メディアを

スキ
2
“媒体の世界観”を大切に 読者との信頼関係を築くéclat
+6

“媒体の世界観”を大切に 読者との信頼関係を築くéclat

【NEWS AWARDS 2020 受賞メディアインタビュー】 LINE NEWSは、LINEアカウントメディア プラットフォーム(以下アカウントメディア)に参画するメディア(2021年3月時点で360以上)から、毎年「LINEユーザーに支持されたメディア」を発表しています。発表の場は、LINE NEWSが主催する「NEWS AWARDS」。その年を彩る「話題の人」や「記事」なども同時に表彰するニュースの祭典です。 「LINEユーザーに支持されたメディア」では、参画メディアを

スキ
4
琉球新報・田吹記者が受賞 沖縄県内外に戦争の記憶を伝える
+6

琉球新報・田吹記者が受賞 沖縄県内外に戦争の記憶を伝える

LINE NEWSでは2019年、LINEユーザーの心を動かした“記事”とその書き手を表彰する「LINEジャーナリズム賞」を創設しました。メディアや話題の人だけではなく、記事や書き手がより多くのユーザーの目に触れる場を設けることで、良質なコンテンツが世の中に増えていくサイクルを後押ししたいという思いから始めた取り組みです。 発表の場は、LINE NEWSが主催する「NEWS AWARDS」。その年を彩る「話題の人」や「メディア」なども同時に表彰するニュースの祭典です。 20

スキ
2
事例増加中の「メディア特性にマッチした広告記事」

事例増加中の「メディア特性にマッチした広告記事」

「LINEアカウントメディア プラットフォーム」(以下アカウントメディア)には、各メディアの配信に広告記事が設定できる「DIGEST Spot for アカウントメディア」(以下ダイジェストスポット)という広告メニューがあります。 メディアは、ダイジェストの画像枠またはテキスト枠を広告枠(下図参照)として買い取ることで、1日1枠限定で広告記事の配信が可能です。広告記事からは指定サイトへの誘導ができます。 ダイジェストスポットは、参画メディア数やユーザー数などサービス規模の拡

スキ
3
NEWS AWARDS 2020 開催レポート【メディア部門①】

NEWS AWARDS 2020 開催レポート【メディア部門①】

2020年12月16日(水)、毎年「LINE NEWS」が主催しているNEWSの祭典「NEWS AWARDS」を開催。今年を彩る「話題の人」や「記事」、「メディア」を発表・表彰しました。ここでは、記事やメディアを対象とした「メディア部門」を中心にレポートします。 2016年から、各部門の受賞者・受賞メディアと、メディアの皆さまが一堂に会するイベント形式で開催していたNEWS AWARDS。今年は新型コロナウイルスの影響を考慮し、オンラインイベントとして行いました。 表彰式

スキ
3
NEWS AWARDS 2020 開催レポート【メディア部門②】

NEWS AWARDS 2020 開催レポート【メディア部門②】

2020年12月16日(水)に開催した「LINE NEWS」主催の「NEWS AWARDS 2020 メディア部門」。後編では、報道、芸能、ビジネス誌、スポーツ系メディアなど「ニュースカテゴリー」の受賞結果をご紹介します。 女性誌、専門誌、ライフ系メディアなど「趣味・暮らしカテゴリー」の受賞結果や、LINEジャーナリズム賞、トークセッションについては、前編をご覧ください。 表彰式動画のアーカイブはこちら(視聴期限 2020年12月31日まで) 【LINE LIVE】htt

スキ
2