DREAMUPDATE

【MBA】 強いチームをつくるための「Appreciative Inquiry」を 「RPG」で例えてみた。

【はじめに】変革しようとしても反対にあってしまう時は?

組織やチームを変革しようとすると、どうしてもチーム内からの反発を招きやすい。それはもしかしたら、組織の問題点などネガティブな側面に光をあてているからかもしれない。そこで今回は、David L. Cooperrider博士が提唱した「アプリシエイティブ・インクワイアリー」、通称AIと呼ばれる手法を紹介したい。Appreciativeとは、真価

もっとみる
嬉しくて小躍りしちゃいます!
18

【MBA】 「レヴィンの変革プロセス」を 「北風と太陽」で例えてみた。

【ターゲット】組織が硬直化して、なかなか変わらないとお嘆きのあなたに。

あなたがリーダーなど組織を変化させる必要があるとする。しかし人は慣れ親しんだ方法に安心感を得やすいため、メンバーからの抵抗にあうなど、なかなか現実に組織を変えていくことは難しい。

そこで今回は、社会心理学者のレヴィンが開発した『レヴィンの変革プロセス』という手法を紹介したい。またいつものようによりイメージしやすくするために

もっとみる
励みになります!
11

マッキンゼーの「7Sモデル」を「白雪姫と7人の小人」で例えてみた。

「マッキンゼーの7Sモデル」とは、コンサルティング会社のマッキンゼー&カンパニーが開発した組織変革のためのフレームワークである。

今回は、この組織を変革するための重要なファクターを見つけるためのこのメソッドについて「白雪姫と7人の小人」に例えてわかりやすく説明してみたい。

【基本】マッキンゼーの7Sモデルとは?

「組織の問題」を考える上で欠かすことのできない、

7つの項目について分析してい

もっとみる
ノート、はじめたばかりなので、嬉しいです!
13

【MBA】 ジョン・コッターの 「8ステップ・チェンジモデル」で見る シンデレラの成功の秘訣。

現代ほど、変化の激しい時代はないだろう。

そんな中、変われない企業や個人は徐々に廃れていくしかない。

そこで、今回はMBAの「チェンジ・マネジメント」の有名な手法である、

ジョン・コッターの「8ステップ・チェンジモデル」をご紹介しよう。

ただし、イメージを描きやすいように奴隷から王女に華麗なる「変化」を遂げたシンデレラのストーリーに重ねて説明していく。

●基本:

 ジョン・コッターの「

もっとみる
嬉しくて小躍りしちゃいます!
5

【MBA】マイケル・ポーターの5フォース分析を男子中学生の恋愛事情で例えてみた。

MBAでよく目にする「5フォース分析」とは、マイケル・ポーター氏が『競争の戦略』の中で提案した業界の収益性を5つの要因で分析するフレームワークである。

今回は、このフレームワークを可能な限りわかりやすく解説してみよう。

5つの領域とはそれぞれ下記の内容である。

1【競争企業間の敵対関係】=同じ業界のライバル企業と戦うこと
2【供給企業の交渉力】=材料の仕入れ先が値上げを仕掛けたりすること

もっとみる
嬉しくて小躍りしちゃいます!
10

【MBA】理想のキャリアを描くために、ヒューマン・リソース・マネジメントから学ぶ6つの視点

【基本】

そもそも『ヒューマン・リソース・マネジメント』とは?

ヒューマン・リソース・マネジメント

(HUMAN RESOURCE  MANAGEMENT ENVIRONMENT)

は、日本語で直訳すれば『人的資本管理』となります。

と言っても、わかるようで、よくわからない感じですよね(笑)。

そもそも一般的には

人事部や労務部が福利厚生のルールを決めたりするような

イメージを持た

もっとみる
嬉しい限りです!
3