Biesse

5軸ルーターの木工にチャレンジ (7)CAMと切削

[この連載を最初から読む]

前回まででCADによる設計図と木材が用意できましたので、あとはこれらをBIESSEに放り込めばでき上がり!

...と行けばうれしいのですが、残念ながらそこまで甘くはありません。次にCAMという作業が待ち受けていました。

CAMとは、CADの設計図を元に、機械の刃をどういう順序にどう動かしていくかを設計することです。

例えば、板からこういう形を切り抜きたいとします

もっとみる

5軸ルーターの木工にチャレンジ (4) お絵かきツール

[この連載を最初から読む]

今回は加工するための設計図を描くツールについてご紹介します。

ちなみに、レーザーカッターで加工するための設計図は、二次元のお絵かきツールを使います。前回レーザーカッターの話で立て札を作ったと書きましたが、

これの設計図はこんな感じ。Inkscapeという無料のソフトを使いました。イラストレーターの無料版という感じです。切る部分を赤で、削る部分を黒で描いています。

もっとみる

5軸ルーターの木工にチャレンジ (3) ルーターって?

[この連載を最初から読む]

この連載で使おうとしているBIESSEは、タイトルにある通り「5軸ルーター」です。第1回の記事で「作りたい家具の部品のデジタルデータを読み込ませると、自動的に木材から部品を切り出してくれます」とサラッと書いただけでしたので、それがどんなものかサッパリ想像できない人も多いと思いますので、ご紹介します。

といっても私も初心者なので、私がどう理解しているかを書きます。

もっとみる

5軸ルーターの木工にチャレンジ (2) 何をつくるか?

[この連載を最初から読む]

さて、何をつくろうか。

真っ白な紙と鉛筆を渡されて、「なんでも好きなものを描いていいよ」と言われたらすぐに次々と描けますか? 私はそういうの苦手です。笑

what より how といいますか、エンジニア気質なので、お題があればそれをどうやって作るかというところに面白がるのですが、何でも作れるとなると困ってしまいます。そういうの得意な人から見ると、「作りたいもの無い

もっとみる

5軸ルーターの木工にチャレンジ (1)

あまり外出したり人と会ったりしづらい昨今、ものづくりを始めるには良い機会かもしれません。Explaygroundでは Green Tech Engineer ラボの中学生たちの間で木工が大ブームになっており、ついには学校で使うスノコを作ったり、大学図書館からベンチを「受注」したりするほどになっています。

オジサンも負けてなるものかと、5軸ルーターを使った木工にチャレンジすることにしました。

もっとみる

設計者が思い描いたものをそのまま実現できる建築設計者向けクラウド「EMARF」のVUILD株式会社が資金調達を実施

※この記事はすべて無料で閲覧が可能です。

資金調達情報
調達額:-

ラウンド:-

募集方式:第三者割当増資

調達先:Mistletoe Japan合同会社
    個人投資家 等

調達年月:2020年4月

企業情報
企業名:VUILD株式会社

住所:神奈川県川崎市川崎区日進町3-4 unico1F-A

事業内容:CAD(コンピューターによる設計支援ツール)とデジタル加工機(Shop

もっとみる
トップページ「News」より、新着順で記事をご覧いただけます〇
9