遠隔心理療法

遠隔心理療法のエビデンス(福島県立医科大学医学部健康リスクコミュニケーション学講座 
助教:竹林由武)

遠隔心理療法のエビデンス(福島県立医科大学医学部健康リスクコミュニケーション学講座 助教:竹林由武)

 covid-19の感染拡大に伴い、遠隔心理療法のニーズが急速に高まっています。その中で、心理療法をオンラインで実施して問題ないのか、迷っている専門家も少なくはないと思います。そこで、遠隔心理療法について、covid-19の感染拡大後にインターネットを通じて積極的な発信をされてきた竹林先生に「遠隔心理療法」のエビデンスというテーマでご寄稿いただきました。 はじめに  遠隔心理学(telepsychology)は、アメリカ心理学会の定義に基づくと、サービスを受ける人と提供す

スキ
31
心理支援サービス付きシングルマザー向けシェアハウス

心理支援サービス付きシングルマザー向けシェアハウス

シングルマザーの居住貧困とシングルマザー向けシェアハウスが注目されている今、運営上の課題解決としても、また、シングルマザーと子どもを地域が支え合う持続可能な社会デザインとしても、遠隔心理支援サービス付きのシングルマザー向けシェアハウスは取り組む価値がある。 シングルマザー向けシェアハウス? シングルマザー向けシェアハウスが注目されている。シングルマザー向け市エアハウスのポータルサイトがある。 住まいと仕事を探し直し、子育てをするのはたいへんだ。経済的な困難と不安があり、

スキ
12
“遠隔心理療法” (Videoconferencing Psychotherapy: VCP)の実際(平泉 拓:東北福祉大学総合福祉学部 助教) #こころのディスタンス

“遠隔心理療法” (Videoconferencing Psychotherapy: VCP)の実際(平泉 拓:東北福祉大学総合福祉学部 助教) #こころのディスタンス

Covid-19の影響で大きな注目を集めた遠隔心理療法。その現状や研究からわかったこと、そして実践のポイントといった “実際” について、平泉 拓先生にご寄稿いただきました。 はじめに  遠隔心理学(遠隔心理支援サービス)は、遠隔コミュニケーションの情報技術を用いた心理支援サービスの提供を指す心理学の一分野です。前回の記事では、遠隔心理学の歴史を概観し、災害後のこころの動きについて一考しました。本記事では、遠隔心理学の一つである “遠隔心理療法”と“遠隔コンサルティング”

スキ
30