追徴税額

個人事業者の税務調査の追徴は「払える金額だけでいい」なんてことはない

個人事業者の税務調査の追徴は「払える金額だけでいい」なんてことはない

税務調査の質問で多いのが「いくら追徴されるのか」です。 支払えるかどうかを心配される方が多いです。 税務調査の追徴税額はケースごとに違う税務調査が行われて何かしら間違いなどを指摘されると追加で税金が発生します。 どれくらいの税金が発生するのかはケースにより違うので何ともいえません。 間違いが100万円なのか500万円なのかによっても違いますし、消費税に影響するのかどうかなどによっても違います。 同じ100万円の間違いであっても人によっては税額が違うこともあります。

税務調査の対応で「絶対に」守るべきこと

税務調査の対応で「絶対に」守るべきこと

税務調査の対応で絶対に知っておくべきなのは、調査官の指摘に対して納得していないのであれば、修正申告書を提出しないことです。 当たり前のようなことですが、これがなかなか実行されないケースが多いのです。 税務調査で誤りが見つかり、会社として「確かに間違っているよな」と思うのであれば、修正申告を提出すればいいのです。 実際に間違っているのですから、間違いは間違いで認めればいいというわけです。 しかし、調査官の指摘に対して、「これは間違っているのではない!」「それは見解の相違

スキ
4