考好学

〈グラレコ〉働く人のマインドフルネスxCuriosity(好奇心) 電通 吉田将英さんに聞く「やりたい」を実現するアンテナ力 ~人・情報・チャンスが集まる仕組み~

「マインドフルネス × ◯◯◯」をテーマにしたIntention Tokyo主催のイベント、第4回目の今回は「働く人のマインドフルネス × 好奇心」。『仕事と人生がうまく回り出すアンテナ力』の著者 吉田将英さんをゲストに、日常生活で実践できる「アンテナ力」の紹介がありました。やりたいことを実現させるために、やりたいことをどう見つけるか、どうすると実現に近づくかといった内容でした。アンテナ本の挿絵も

もっとみる
ありがとうございます!(・⊆・)ゞ
4

なぜブラタモリは良コンテンツなのか

ブラタモリが好きです。屈指の良番組であり良コンテンツだと思う。もともとタモリさんが好きというのもあるけど、それだけじゃないんだよなあ。いろいろなところに行って、いろんなものを紹介してもらって、でもそこじゃない。一番の白眉はやっぱり、タモリさんなんだと思う。

タモリさんは何しろ、好きなものが多い。城に行っては「城壁が好き」といい、遺跡に行っては「古墳が好き」といい、海辺に行っては「灯台が好き」とい

もっとみる
感謝です!感想、是非コメントでもお待ちしてます!
32

「努力は夢中に勝てない」という呪詛

突然だけど、「努力は夢中に勝てない」という”名言”が、好きじゃない。誰が言い出しっぺなのかわからないけど、言わんとしていることは、『つらいことを積み重ねるより、楽しめることをやろう』とか、そういうニュアンスなんだろうなあと思う。合ってると思う。真理だと思う。でも自分が最初にこの言葉を聞いたとき、呪いのように聞こえたのをいまだに覚えている。

本来、これは多くの人にとっての救いになる意図で言われた言

もっとみる
お読みいただき感謝です!
13

ひとの「幸せ」を笑うな

最近、何度目かの糸井重里ブームが自分の中に来ていて、再読も含めて、いろいろ著作とか発言とかほぼ日の過去記事を読んでいる。読むたびに発見と畏怖が順繰りに出てきて、驚きと喜びとそれの向こう側に一抹のくやしさみたいなものを感じながら、自分がまだまだ何者でもないような気持ちになったり、一方で以前同じ文章を読んだときになんともなく読み飛ばしていた言葉が琴線に触れることをもって、現在地は確実に移り変わり続けて

もっとみる
お読みいただき感謝です!
17

自分の好奇心を大切にする方法

一昨年からはじまって、じりじりと煮詰めてきた初の単著がやっと校了して、Amazonもオープンして、さてこれから怒涛の販促の日々がはじまるぜってとこまでやってきました。タイトルは「仕事と人生がうまく回り出すアンテナ力」。三笠書房から1500円ほど。買ってください買ってください買ってください。

といいつつ、今を逃すとこの激流に飲まれて行って、「売ることが目的化」しそうな自分がコワイので、立ち止まって

もっとみる
お読みいただき感謝です!
19