粟田貴也

20/09/17(木)22:00「外食産業は生き残れるのか?コロナに負けない!丸亀製麺の復活劇」カンブリア宮殿

20/09/17(木)22:00「外食産業は生き残れるのか?コロナに負けない!丸亀製麺の復活劇」カンブリア宮殿

一代で巨大うどんチェーンを築き上げた社長の粟田は、今回の未曽有の危機を、どう乗り越えようとしているのか?その知られざる舞台裏に迫る! 今回の見どころ 新型コロナウイルスの感染拡大で、日本の4-6月期のGDPは戦後最悪の数字を叩き出した。そんな日本経済の危機的状況の影響を直接的に受けているのが、外食産業だ。居酒屋チェーンの「ワタミ」や、ファミリーレストランの「ジョイフル」、かつて人気を博した「いきなり!ステーキ」など…大手外食チェーン店では、不採算店舗の閉店が相次いでいる。

3
【創業者対談】一風堂×丸亀製麺 世界中の国に「日本の麺」を!

【創業者対談】一風堂×丸亀製麺 世界中の国に「日本の麺」を!

 とんこつベースの博多ラーメン「一風堂」(1985年創業、福岡市)を中心に、世界15カ国に約300店舗を展開する力の源(もと)ホールディングス。創業者の河原成美氏(67)は、「日本のラーメンを世界食に」を目標に掲げ、「2025年までに国内海外合わせて600店舗」を目指す。  2000年に兵庫県加古川市で創業した「丸亀製麺」は、それまで香川県以外では馴染みのなかった「セルフうどん」で人気を博し一気に全国展開。2019年6月末時点で国内に約800、海外では13の国と地域に241

19