絶対に勝てないから、何をやってもいい。ーマイケル・ウォルフ「炎と怒り」ー

大統領選挙結果が出る前の話だ。 「トランプは負けときのスピーチまで用意しはじめていたーー「こんなのは不正だ!」。」 これは、最近の、2020年の大統領選挙ではない、2016年、トランプが勝利した大統領選挙の話だ(結局、トランプは、4年前からやっていることが全く変わっていない・・・・・・)…

コーン米NEC委員長、電撃辞任! トランプ大統領との確執を『炎と怒り』で読み解く

アメリカ国家経済会議(NEC)委員長のゲイリー・コーン氏が、数週間以内に辞任すると表明しました。通商政策をめぐり、トランプ大統領と意見が対立した結果とみられています。 マイケル・ウォルフ『炎と怒り』には、かねてからの確執を示唆する、以下のような記述があります。 [2017年]4月には、当…

全米170万部突破! Amazon.com&NYタイムズ1位!! テレビドラマ化!!! 驚異のベストセラ…

「トランプ氏が出版差し止めを請求するも出版社側は発売日を早めて対抗」「売り切れ店が続出」「100万部を追加重版」……米国のジャーナリスト、マイケル・ウォルフが今年1月5日に発表したFire And Fury: Inside the Trump White Houseは瞬く間に全米大ベストセラーとなり、年初の話題をさらいました。…

裏切り、忖度、マウンティング……人間関係のドロドロぜんぶ盛り! トランプ政権の真実…

ドナルド・トランプ大統領の娘イヴァンカ氏が、ピョンチャン五輪の閉会式に出席するために韓国を訪れています。 はたしてイヴァンカ氏の思惑は? 『炎と怒り』を読めば答えが見えてきます。 ホワイトハウス内部の派閥争いが、これでもかと描かれているからです。 何を信念とし、誰と結託し、誰を裏…

池上彰が『炎と怒り』(本日発売)を徹底解説! 「アメリカは、こういう人間を大統領に…

(書影はAmazonにリンクしています) 解説 あまりにショッキングな内幕本 池上彰(ジャーナリスト)     本書『炎と怒り──トランプ政権の内幕』(原題はFire and Fury: Inside the Trump White House)の出版により、アメリカでは書名のごとく「炎と怒り」が渦巻いた。トランプ政権の驚くべ…

私は無許可でホワイトハウスにもぐりこんだ――『炎と怒り』著者マイケル・ウォルフが手…

(書影はAmazonにリンクしています) 本書を執筆した理由は、これ以上ないほど明白だ。2017年1月20日、ドナルド・トランプの大統領就任とともに、アメリカ合衆国の政界はウォーターゲート事件以来となる桁違いの大嵐のど真ん中に放り込まれた。就任の日が近づくなか、私は、同時代を生きる者の臨場…

当確の瞬間、トランプは「幽霊を見たような顔をしていた」――衝撃のベストセラー『炎と…

*マイケル・ウォルフ『炎と怒り――トランプ政権の内幕』(関根光宏・藤田美菜子・他訳、本体1,800円+税、2月23日(金)刊行予定)より抜粋。 1 大統領選当日 (前半はこちら) メラニア・トランプも、ビリー・ブッシュ事件では屈辱を味わった。だが、せめてもの慰めは、これで夫が大統領にな…

トランプ陣営は大統領選に勝つつもりはなかった!? ただ1人の男を除いては……。衝撃の…

ジャーナリスト・神保哲生氏による『炎と怒り』の解説はこちらから! アメリカでは早くも170万部を突破した大ベストセラー、マイケル・ウォルフ『炎と怒り――トランプ政権の内幕』(原題 Fire and Fury: Inside the Trump White House)。 2月下旬の邦訳版刊行に先がけ、第1章全文を先行公開いたし…

トランプ暴露本『炎と怒り』を一気に読んで憔悴しきっている

日本のニュースでもバカ売れしていると紹介されていたドナルド・トランプの曝露本"Fire and Fury"(このタイトルは本編最後の方に出てくる北朝鮮向けにトランプが発したハッタリの脅し文句から取っている。もちろん、トランプがこんな気の利いた言い回しを自分で思いつくはずはなく、大元は聖書の一節…