海外生命保険

海外オフショア金融の世界では日本では考えられないスキームも存在する。プレミアムファイナンスやリバースモーゲージなど生命保険の保険証券を担保にできるのもそうした好例。保険料を安く抑えたり、融資により非課税で年金が受け取れたりできる。 ⇒ https://investor-brain.com/archives/10176

2019年のバレンタインショック以降、日本の節税保険商品は影を潜めている。海外の保険商品は当然ながら日本の税法を意識していなのだが、結果的に節税可能商品も存在する。こうしたところからも日本と海外の金融格差を感じる事ができる。 ⇒ https://investor-brain.com/archives/10168

「相続税対策で海外保険契約 租税回避地を介し高利商品」というニュースが出ていた。そのコンテンツを見るととても興味深いので、一つ一つの文章を分解して解説してみたい。日本人・日本政府と国内・海外の保険会社の関係性が見えてくる。 ⇒ https://investor-brain.com/archives/10268

日本とは比較にならない利回りの保険商品が海外にはある。海外保険はIFAと呼ばれる正規代理店で契約からアフターサポートまでをお世話になるが、日本人の受け入れやサポート実績が豊富で多くの保険会社の取り扱いがあるIFAを選定すべし! ⇒ https://investor-brain.com/archives/9981

不動産を担保に借入を受けるリバースモーゲージという手法があるが、長生きリスクや不動産の評価価値下落のリスクがある。香港のFTLife社の生命保険オンユアマインドは保険証券(死亡保障額)を担保に借入ができ、そうしたリスクを回避可能。 ⇒ https://investor-brain.com/archives/10156

保険証券を担保に融資を受け、お金を借り入れる事ができる契約者貸付制度と言うのものがある。日本の生命保険の場合は証券価値が上がっていかないのであまりメリットがないが、証券価値が向上していく海外保険の場合はそのメリットはとても大きい。 ⇒ https://investor-brain.com/archives/10068

FTLife社の生命保険商品On Your Mindのシミュレーション&商品概要のまとめ。現役時代は死亡保障が厚く、将来的には保険証券(死亡保障額)を担保に融資で資金を引き出せる。融資なので借り入れとなり、課税対象とならない。 ⇒ https://investor-brain.com/archives/10025

サンライフ香港からVitalという生命保険が上市された。早く亡くなると死亡保障額の利回りが良く、将来的に保険証券(死亡保障額)を担保に融資可能な商品。日本居住の日本人の契約も受け付けているが、香港IDがないと融資の設定はできない。 ⇒ https://investor-brain.com/archives/10019

日本より利回りが高い生命保険を香港経由で加入するカナダの海外生命保険

海外投資・オフショア投資は海外にあるIFAと呼ばれる正規代理店を介して契約するものだが、紹介者やブローカーのような個人や会社を挟んで契約する人がいる。介在する人が増えるとMLMのようになっているだけで、プラスになる事は何もない。 ⇒ https://investor-brain.com/archives/9810