民藝四十年

民藝旅 vol.2 沖縄 \市場とおやつ/

5月9日 木曜日。

いざ、茨城空港へ。
#民藝旅 沖縄編がはじまる。

5年ぶりの沖縄。
あのとき、2歳だった親友の赤ちゃんも、いまや立派な小学生。
先輩に至ってはチビラ(ゴジラの発音で)が2人いる。

高校の教員になった友人、いつのまにか結婚していた友人。
この5年で、友人たちの生活は大きく変わったらしい。

ちょっと、ドギマギしながら那覇空港のゲートを抜けた。

とっても暑い。
加湿器から蒸

もっとみる
これがあるから頑張れる〜!
3

民藝旅 vol.2 沖縄 \プロローグ/

4月某日。

ぼんやりと天井を眺めながら、つぎは沖縄に行こう、と思った。
柳先生が「民藝四十年」で取り上げた沖縄。大学時代を過ごした沖縄。

東堂は貧乏学生だった。たこ焼きの具材は、コンニャク。詰め放題100円のもやしと、ゆし豆腐ラーメンが好きな学生だった。

手仕事に興味はあったけれど、ヘアゴムなどの小物を買うだけで精一杯。

「窯元でピザパーティーがあるから来ませんか?無料ですよ。」という後輩

もっとみる
これがあるから頑張れる〜!
10

柳宗悦『民藝四十年』

ずいぶん前に購入してあったのだけど

漸く昨日から読みだした。

数年前、鎌倉の「もやい工藝」の店主であった

久野恵一さんにもこの本をことを勧められたのだけど

ほんと、漸くです。

「デザイン」からはじまり、

「民藝」のことも大好きだったのだけど

久野さんがこの世から居なくなって

民藝に対して疑問も生じだしたので、

少し距離を置きつつあったのだけど

最近、なんとなく気分になってきたの

もっとみる