森とともにあるくらし

うっかりものは地域おこし協力隊に向かないか
+3

うっかりものは地域おこし協力隊に向かないか

コロナ禍で地域の福祉プラザも閉館で、地域の会合という会合は中止。 地域とのやりとりの必要性を感じ、市に間に入ってもらって話し合いの場を設けてもらった。 すると、地域の方いわく、 「私たちは森に興味ないんだ。森は皆伐したら森林組合が5年間管理してくれるから、みんな皆伐したいと思っている。 それより、年寄りが多いんだから年寄りの喜ぶことをしてくれ。」という話だった。 なるほどーーー 元々、空き家活用をテーマのひとつに上げていたが、坂井原は貸してくれる所がほとんどなく。

スキ
13
9月9日の 森の植物たち
+4

9月9日の 森の植物たち

誰も気にも留めない様な草花たちに 何故か心が惹かれてしまいます キンミズヒキ小さな黄色い花 実が枯れて種になると 服や動物の毛にくっつくんだって 以下はWikipediaより 8 - 9月ころに、花が咲きはじめたときに地上部の茎葉を刈り取って1 - 2日ほど天日干ししたあと、粗く刻んで陰干ししたものが生薬となり、竜牙草(りゅうげそう)または仙鶴草(せんかくそう)と呼んでいる。 出血、下痢止め、のどの痛み、口内炎、腫れ、あせも、ただれ、かぶれ、湿疹、倦怠疲労に効果があると

スキ
1
求ム!

求ム!

もし!使わなくなった・刺し子に使う針や糸 ・刺繍の針、枠、糸 ・織物で織り始めや終わり等の長さのある残糸 ・端切れ等の布(素材、柄問わず) ・未使用の名入れタオル等、タオル地の布 があったら無償で譲ってください。 それから、今はスキルを上げることを兼ねて 手縫いで縫っているのですが アイデアによっては手縫いでは時間がかかり過ぎるものや、厚みのある生地を縫うことも今後出てくると思うので… 足踏みミシンの(工業用)があったら良い! 無償で譲ってくださる方を探してます。 三

スキ
9
第二回きらめ樹WS開催しました。

第二回きらめ樹WS開催しました。

ついに、やっと、、 7/18に3ヶ月ぶり、そして第2回目となるきらめ樹WS開催しました! 内容は、森のお話と選木ワーク、そして皮むきワーク。 雨予報で開催が危ぶまれましたが、みんなの想いが通じたのか、お昼まではお天気ももってくれました! 皮むきする前には、木のいのちをいただくので、ありがとうの気持ちを込めて、お塩とお米お酒を捧げます。 今回はさらに、きらめ樹仲間にしけんの歌で祈りを捧げました。美しい歌でした✨ それから皮むきをしていきます。 樹液をなめてみたり。

スキ
8
いっぱしの林業女子!?

いっぱしの林業女子!?

はじめての製材体験しました! 自分で切った木が、なんと、板になったんです! タイトルの"いっぱしの林業女子"というのは、 製材したどー!って写メ送ったら、友だちがくれた言葉です。ふふ、ひよっこなのでいっぱしは遠いけど、過程をいっこいっこ自分の手でつくっていけることの充実感はものすごいですね。 きらめ樹(皮むき間伐)→ 伐採 → 製材 → 加工 ちょっと前まで自分で伐採した木が木材として使えるようになるなんて、想像もしてなかったのでこんなことができるなんて、と感動です

スキ
6