いっぱしの林業女子!?
見出し画像

いっぱしの林業女子!?

はじめての製材体験しました!

自分で切った木が、なんと、板になったんです!

画像2

画像3

タイトルの"いっぱしの林業女子"というのは、

製材したどー!って写メ送ったら、友だちがくれた言葉です。ふふ、ひよっこなのでいっぱしは遠いけど、過程をいっこいっこ自分の手でつくっていけることの充実感はものすごいですね。

きらめ樹(皮むき間伐)→ 伐採 → 製材 → 加工

ちょっと前まで自分で伐採した木が木材として使えるようになるなんて、想像もしてなかったのでこんなことができるなんて、と感動です✨

画像2

これを今度は1ヶ月ほど乾燥させて、それからカンナがけなど加工に入ります。

まな板、棚用の板、積み木、作りたいものがいっぱいです。自分でいちから関わっているので、どんどんわくわくのイメージが広がります✨

三原で、森を元気にする間伐材の活用を進めていこうと思います!

今回これができたのも、

わく森のは4月に皮むきしたばかりで一年ほど待たなければならないのですが、

甲奴に住む、きらめ樹仲間のなりさんの森で、皮むき後4年経った木を伐採させてもらえたこと、

鳥取できらめ樹の活動をしている、きらめ樹仲間のはちどり工房の和田さんに製材を教えてもらえたこと、

伐倒も付き添い指導してくださった、このお二人のあたたかいサポートがあってこそです!

なりさん、和田さん、素晴らしい経験をさせてもらって、ありがとうございます!✨

ありがたいご縁に感謝です!

もう、これは、間伐を進めて、間伐材を活用して、三原の森を元気にするぞ!と改めて。

森は土を、水を、つかまえてくれています。

木が根をしっかり張り、森がげんきな状態あることで、保水力のある、土砂崩れも起きにくい、本来の森の機能が発揮されるのです🌲🌳

みんなでげんきな森をつくっていきたい。子どもたちの声が森で響き渡って、森もひともげんきになったら最高。

子どもたちによりよい世界を、安心してわくわくできる世界をつないでいきたい、

わくわくする三原にしていけたら最高です✨

わくわくの森を一緒につくっていく仲間、

大募集✨🌲🌈

レッツきらめ樹〜✨

***************

森とともにあるくらしで、わくわくの森大作戦というプロジェクトを行っています。

きらめ樹(皮むき)間伐のWSやベンチづくりなどおこなっていきます✨

興味のある方はご連絡ください!

https://www.facebook.com/森とともにあるくらし-102113898446875/





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
三原市地域おこし協力隊として活動中。今年のテーマは森づくりでつながる笑顔の環(わ)です。宇宙とみんなとすべてのいのちと愛でつながっていきます。 すきなものはうた、発酵、森、すっぱい沢庵。