ラジオで「東京少年」がかかった理由を、妻が明快に教えてくれた

今朝、TBSラジオを聞いていると、アナウンサーの方が「男性の育休取得」の件について話をしていました。 話が一通り終わって、「みんなでこんな問題も考えていきましょうね」という感じで曲に行ったのですが、流れてきたのが、なんか懐かし目のシンセサウンドで、「あー、聞いたことあるな」という曲…

おまえはプリンキピアで神を殺す覚悟をきめろ(逆噴射聡一郎ではない)

 よくきたな。おれは逆噴射聡一郎ではない。おれは毎日かなりの量のクトゥルフ神話TRPGテキストをほんやくしているが、誰にも読ませるつもりはない。だが今回おれは真の男がプレーすべき鋼のゲームがあることを伝えるために、この原稿を用意した。  今年も新学期の混乱が終わり、本格的に論文指導を…

【日報】ララランドを観たこと、そしてダイハードテイルズ作品の分類表を作ったこと(杉…

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

【帝都探偵奇譚 東京少年D団】キャラクター紹介3:怪人二十面相

怪人二十面相。本名不詳。年齢不詳。知能指数180〜350。帝都を騒がせる魔怪盗。いかなる姿にでも変装でき、その素顔を知る者はいない。誰も予想だにしない奇抜かつ魔術的な手腕によって、狙った美術品を予告通りに必ず盗み出す。社会を憎み、資本家、支配階級の財産を奪い辱める事に無上の喜びを見出…

『帝都探偵奇譚 東京少年D団』試し読み

これより前のセクションは Pixiv Novelで試し読み可能 舞台は、蒸気と狂気と暗雲に包まれた、1920年の帝都東京……。  明智小五郎の帰還 巨人と怪人  美術城の事件から半月ほどが経った、ある日の午後。東京駅のプラットホームの人ごみの中に、一人のかわいらしい美少年の姿が見えた。読者諸君…

【帝都探偵奇譚 東京少年D団】キャラクター紹介2:明智小五郎

28歳。知能指数120〜360。明智探偵社の社長。上等な外国製スーツを着崩し、ぼさぼさの髪に無精髭。ワイルドでぶっきらぼうな物腰。アルセーヌ・ルパンすら出し抜く最強の名探偵。恵まれた体躯と明晰な知性を備え、社交界きってのプレイボーイとしても知られている。大胆で細かい事を気にしない野生派…

【帝都探偵奇譚 東京少年D団】キャラクター紹介1:小林少年

本名、小林芳雄(こばやしよしお)。13歳。美少年。知能指数250。いつも沈着冷静で大人びている。史上最年少で特高警察養成大学校を卒業した稀代の天才児であったが、明智小五郎によってスカウトされ、明智探偵社に入社。以来、唯一の社員として住み込みで働いている。万年筆型望遠鏡、伝書鳩のピッ…

『東京少年D団』を読んで思ったこといくつか。キネマの時代、現代の巌窟王。

 先日発売された小説作品『東京少年D団 明智小五郎の帰還』を読んだので感想やら気づいたことをとりとめもなく書いていこうと思います。今回は映画でなく小説。江戸川乱歩『怪人二十面相』のリメイクであり、スチームパンク及びもっとショッキングで形容しがたい何かとのマッシュアップです。ネタバレ…