朝鮮半島を追う

中国からのワクチン供与も拒否
金正恩が直面する空前絶後の”瀬戸際”

中国からのワクチン供与も拒否 金正恩が直面する空前絶後の”瀬戸際”

中国製ワクチンなんていらない 北が中国の協力を拒むわけ さる6月、北朝鮮の金正恩総書記は、コロナウイルスに対する防疫措置の不備を理由に、側近の軍最高幹部2人を党政治局拡大会議で𠮟責し、降格処分としたことは既にレポートした。その後、金総書記からはそれまで強調してきた「わが共和国にコロナ感染者はいまだにない」との発言はなくなり、「コロナとの闘いは戦争であることを強く自覚せよ」「感染対策に主導的役割を担う者達に、一瞬の放心も許されない」等の激烈な指示は、コロナ禍に直面していることを

有料
200
https://www.ktv.jp/news/feature/191210/amp/#aoh=16324375208190&referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&amp_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%251%24s

https://www.ktv.jp/news/feature/191210/amp/#aoh=16324375208190&referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&amp_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%251%24s

尹錫悦よ、お前もか!
一体、誰を信じれば
身辺調査は必要だが、
ここまでやるのが韓国政治

尹錫悦よ、お前もか! 一体、誰を信じれば 身辺調査は必要だが、 ここまでやるのが韓国政治

女難の相から過去の発言まで 根掘り葉掘り、弱点を探せ  「この世の中に道徳上“完全無欠”な人物はいないのか」-そんなため息まじりの声が今、韓国国内で飛び交う。「彼こそ我々が待望してきた政治家、指導者だ」と広範な人心の支持と期待を集めた野党陣営の次期大統領候補、尹錫悦前検察総長に対する声だ。  尹はかねがね「私は決して権力者に迎合しない。ただ法と正義に殉じるのみだ」と公言。自身を検察のトップに任命した文在寅大統領に対してすら、文の“秘蔵っ子”曺國法相(当時)を巡る疑惑捜査に関

有料
200
コロナに揺らぐ北朝鮮
規律緩む軍
疑心暗鬼はクーデターの
恐怖へ

コロナに揺らぐ北朝鮮 規律緩む軍 疑心暗鬼はクーデターの 恐怖へ

金正恩の怒り爆発の理由 密輸入の黒幕は新義州の第8軍団 厳しい表情を浮かべる姿はこれまでもたびたび見られた金正恩(キムジョンウン)総書記だが、先日開催された党政治局拡大会議では、さながら鬼の形相を見せた。同会議の主要議題は「コロナ防疫と思想統制」。正恩は「責任幹部が国家非常防疫戦に関する党の重要決定を怠慢と無責任さから実行せず、その結果、国家と人民の安全に極めて深刻な危機を招いた。その責任は重大であり、厳しく糾弾されなければならない」等と、壇上にいた複数の高位幹部を睨みつけな

有料
200
南北に注目される人物が登場
揺れるポスト文、正恩の代理人

南北に注目される人物が登場 揺れるポスト文、正恩の代理人

🔻野党「国民の力」に37歳、議員歴ない新代表   次期大統領期待大の尹錫悦と組むか?  この1、2カ月間、期せずして韓国、北朝鮮に注目を集める人物が出現した。  韓国では最大野党「国民の力」の代表に37歳、議員歴が皆無の李俊錫(イジュンソク)が選ばれた。韓国の憲政史上、与野党問わず有力政党のトップにそうした人物がついたことは一度も無かった。  同党の代表選挙は、集まった党員票と一般票をおおよそ7対3に配分し、総合得票数で決定される。日本では俗に「地バン、看バン、カバン=金

有料
200
後継者も決められない
文在寅大統領
次期大統領に
最も支持率が高い李在明とは
文在

後継者も決められない 文在寅大統領 次期大統領に 最も支持率が高い李在明とは 文在

🔸支持率つるべ落としの文大統領   後継者がいない、言えない  韓国の次期大統領選挙まであと10カ月。これまで、文在寅(ムンジェイン)大統領と“子飼い”の政治家、支持グループは、左派政権による長期執権構想(20年政権構想)の実現に向け、いろいろな手を打ってきた。そして、文大統領はキングメーカーとして、適任と思われる人物を政権・与党側の統一候補に指名するシナリオを描いていた。しかし、その目論見も今、赤信号が点滅している。  その理由は、第1に国民が最も期待してきた不動産、経済

有料
200
断末魔の韓国・文政権
北の支持率もゼロ
それでもキングメーカー狙う
大統領の悪あがき

断末魔の韓国・文政権 北の支持率もゼロ それでもキングメーカー狙う 大統領の悪あがき

文政権突き刺さった不動産高騰 価格操作に手を染めた悪いヤツら  来年3月に次期大統領選挙を控えた韓国。その前哨戦と位置づけられた首都ソウルと釜山(プサン)、2大都市の市長補選が4月7日に実施された。結果は、2市ともに与党候補の記録的惨敗に終わった。野党陣営、特に保守政党の「国民の力」は「政権奪還へ向けて力強い弾みとなった」と勢いづく。一方、文在寅(ムンジェイン)大統領を支えてきた進歩・革新路線の与党「共に民主党」には悲観ムードが拡がり、「20年長期政権構想」を描く文大統領は正

有料
200
核は「権威の象徴」
北は絶対手放さない
米バイデン政権は
この国にどう対峙する

核は「権威の象徴」 北は絶対手放さない 米バイデン政権は この国にどう対峙する

核は権威の象徴、首都平壌にも 非核化合意ができる頃には準備万端も 金正恩総書記とトランプ前米国大統領との首脳会談は何だったのだろうか。首脳同士の対話が続く限り寧辺の核施設は再稼働させないと約束していた。確かにバイデン新大統領は約束した相手ではないからか。むしろ、北朝鮮は核開発続行をあからさまに見せている。米国の北分析サイト「38ノース」は、「3月に入り、2年ぶりに寧辺の火力発電所から蒸気と見られる煙が頻繁にたちのぼるようになった、核兵器製造に必要なプルトニウム抽出のために、使

有料
200