文藝春秋2019年12月号

世界経済の革命児 ベルナール・アルノー(LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンCEO)

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、ベルナール・アルノー(Bernard Jean Étienne Arnault、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンCEO)です。

ベルナール・アルノー

ブランド帝国を築き上げた稀代の「買収マニア」

 今年4月、パリの名所、ノートルダム寺院の大聖堂が燃えた。まだ火災が収まっていなかった1

もっとみる
ありがとうございます!
6

飯間浩明の日本語探偵【じ】「女性目線」なる表現

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。

褒めことばではないです

 国語辞典はおっさんだけで作っているケースが多い。たとえば、『三省堂国語辞典』(三国(さんこく))の場合、私たち編集委員(中心となる執筆者)も男性なら、出版社の担当編集者も男性です。

 以前、ある席で、辞書のユーザーからこんな提案をもらいました。

「先生は男性なので、ファッション関係など

もっとみる
ありがとうございます!
3

有働由美子×高橋尚子「マラソンは東京でやってほしい」

news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストはマラソン解説者の高橋尚子さんです。

Qちゃんをゲストに来年の東京五輪からプライベートまで一気に駆け抜けた

有働 2000年に高橋さんがシドニー五輪の女子マラソンで金メダルを取ってからはや19年が経ちます。実は私、高橋さんのゴールの瞬間を現地で見ていたんです。

もっとみる
ありがとうございます!
3

小林秀雄と江藤淳ーー平山周吉

文・平山周吉(雑文家)

 ナマ小林秀雄を見たのは、昭和46年(1971)秋、東京宝塚劇場でだった。見たというのは正確ではない。文士劇のいわば「前座」として、短い講演をしたのだから、聴いたというべきかもしれない。恒例の文春祭りは創刊50周年だったので、小林秀雄が珍しく聴衆の前で喋ったのだ。小林秀雄の講演を聴くチャンスはこれが最後だという噂が大学生だった私の耳にまで伝わってきて、チケットを入手したの

もっとみる
ありがとうございます!
8

令和の開拓者たち・亀井隆平(シリウス代表取締役社長)

時代を切り拓く“異能”の人びとの物語を、新進気鋭のライターたちが描く連載ノンフィクション。今回の主人公は、シリウス代表取締役社長・亀井隆平氏です。/文・大西康之(ジャーナリスト)

「三洋魂を復活させる」──脱サラした男の逆転人生

 平成の時代は、日本の電機産業にとって「失われた30年」だった。海外の原発事業で大失敗した東芝は、白物家電事業を中国の美的集団(マイデイア)に売却。液晶パネルの過大投

もっとみる
ありがとうございます!
3

『IT』『シャイニング』『ドクター・スリープ』……スティーヴン・キング偏愛作家座談会!

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が大ヒット中。原作のスティーヴン・キングはどこがすごい?愛する作家たちがあの恐怖のシーンを語り尽くした!/冲方 丁(作家)×綿矢りさ(作家)×池上冬樹(文芸評論家) 司会・永嶋俊一郎(文藝春秋翻訳出版部部長)

インスタ世代に刺さった

永嶋 11月1日から、スティーヴン・キング原作の映画『IT/イット THE END “それ”が見

もっとみる
ありがとうございます!
11

正しいウォーキング法、教えます。「大股」「腕ふり」は間違い

正しく歩くためにはどうしたらいいのか? まずは姿勢を正しくすることから始めましょう。/文・田中尚喜(東京新宿メディカルセンターリハビリテーション士長) 取材・構成=秋山千佳

高齢者に必要なのは「遅筋」

 この10年ほどの健康雑誌のトレンドを追ってみると、面白いことがわかります。股関節痛のブームが落ち着いたら次は膝、そしてふくらはぎ、肩甲骨……。これらの症状は、元をたどれば一つの問題に行き着きま

もっとみる
ありがとうございます!
7

蓋棺録<他界した偉大な人々>

偉大な業績を残し、世を去った5名の人生を振り返る追悼コラム。

★和田誠

 イラストレーターの和田誠(わだまこと)は、独特の似顔絵で親しまれ、映画監督としても心を打つ作品を残した。

 週刊文春2017(平成29)年7月20日号は、和田の2,000枚目のイラストが表紙を飾った。和田の表紙が始まってから40年の年月が流れていた。妻の平野レミが感想を聞くと、作業を続けながら「普通だよ」と答えた。「普

もっとみる
ありがとうございます!
4

歯科治療の新常識!「80歳で28本」歯を残そう。

みんな、勘違いしていないだろうか?歯医者は虫歯を治すだけじゃない!/文・石井謙一郎(フリーライター)

現実は14本しか残っていない

 厚労省や日本歯科医師会が進める「8020運動」は、「28本の永久歯のうち、80歳になっても20本残しましょう」というキャンペーン。半分の14本しか残っていない人が多いのが、現実だからだ。

 これに異を唱える歯科医がいる。山形県酒田市で日吉歯科診療所を営む熊谷崇

もっとみる
ありがとうございます!
4

スターは楽し「ドウェイン・ジョンソン」――芝山幹郎

人外魔境を恐れぬ超人

 あの姿を画面で見たときは、道頓堀名物〈かに道楽〉の看板が化けて、激しく動き出したのかと思った。

『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』(2001)の終盤、顔は人間で、肘から先と下半身が大きなサソリというスコーピオン・キングが、その奇怪きわまる姿で登場したときのことだ。サソリ男の迫力は、紅白歌合戦で巨大な電飾を身にまとった小林幸子の姿を超えていた。

 私は仰天し、眼をみは

もっとみる
ありがとうございます!
3