敗戦利得者を処刑する

れいわ新選組参上!!

法の支配と立憲主義を国民に強制している創価役人の政治哲学の教授がいて、私が総理大臣になったらというたられば論だけで、論文も書かないで、日本の政治に口先介入しているが、その口で法の支配と立憲主義を唱えているが、その中身が何なのかを知らないから、総理たられば論を戯言抜かしていられる。仮に、人治政治をすれば、リベラルなサヨクの時に散々と天皇批判をしておいて、自分の時だけは、人治政治でやるという矛盾。古典

もっとみる

知識と情報

学問とスポーツの融合を訴えた青山学院大学が総合優勝で、令和初の駅伝を制して、蓋を開けてみれば、上位4校は昨年度優勝校の東海大学のタイムを上回るタイムで、昨年であれば、優勝校になっていたわけだが、シード権を獲得した大学は、今まで出場が出来なかったあるいはシード権を取れない大学であったが、政治的印象を与える順位であったものの、タイムは八百長した結果ではなかったので、スポーツ八百長疑惑はないようだが、少

もっとみる

国際ー令和研究会第十一回ー

新自由主義に引き続き、国際関係について。

先ず、国際情勢を考える上で注意しないとならないのは、山川出版の世界史のように、世界史であるのに、日本の記述が存在せず、記述がなければ、日本も世界になかったとする文部科学省特有の唯物史観があって、日本は世界に存在しなかった事になるが、事実としては、日本も東アジアで隣国と関わっていた。全くの虚偽の不記載をしているのが、文部科学省であることが一つ。

日本の本

もっとみる

教育−令和研究会第八回−

日本の教育、特に大学教育は、以下のようになっている。

痩せた豚のClaim。

Fact1(朝日新聞の一昨日の記事)

Fact2(朝日新聞の昨日の記事)

Fact3(朝日新聞の今日の記事)

この論文!!に賛成か否か。反対したら、不可。

日本の学者?学もないし、頭も弱い。海外の学者のAcademic Paperを違法に、無許可で翻訳しただけで、議論にもならない。そもそも、資格も博士号も持っ

もっとみる

メディア-令和研究会第七回-

芸能人お断り、取材お断りの企業が増えてきているのの、Privacy権が最優先されているので、メディアも行く先が無くなってきて、メディア内で自作自演の内輪揉めばかりで、事件はTV局内だけで起こっていて、つい最近までTVばかり見ていると評論家が社会批判していたのに、今度はTV離れ、Media離れが進んでいて、社会的繋がりが無くなってきたと煽っているが、中間媒体の住民の原理は中庸にあって、どちらかに振れ

もっとみる

選挙ー令和研究会第六回ー

選挙にも行かないのに、日本の政治をとやかく、口先だけでは批判する不逞の輩がいるが、こういう奴らは、基本的に、Free Riderと言われていて、同じゼミの学生に、「Free Riderの問題をどうするのか。」と突っ込まれたが、「そもそも、Massなんてクソだ!!」だから、大衆が何を言おうが、一切考慮しない。いかなるCommentも受け付けない。世間では、忖度しない政治という。これは言い方の問題で、

もっとみる

理性が、虚偽からその仮面を剥ぎ取ったときに

これは173回目。太平洋戦争という、わたしたちの国が最悪の選択をした一日に、一体なにが議論されたのか、改めて事実をベースに考えなおしてみましょう。同じことは、二度でも、三度でも起こりうるからです。
:::
その日、事実上、大日本帝国の対米開戦が決定された。1941年昭和16年11月1日に行われた大本営政府連絡会議でだ。

出席者は、議長が内閣総理大臣、政府から外務・大蔵・陸軍・海軍大臣、企画院総裁

もっとみる
ありがとう!毎日更新します^_^次回をお楽しみに!
10

大阪都構想なのか二重行政解消なのか。

堺市長選挙に、大阪維新の会が勝つとは思っていなかったが、大阪維新の会の議員も、立花孝志ばかり叩いて、結局、NHKから国民を守る党の立花孝志が立候補して、反維新の票が割れなかったら、大阪維新の会の勝利は、無かったわけだが、今回の堺市長選挙での唯一の収穫は、大阪都構想に、何故、堺市だけが必要なのかという事に、Mediaが漸く取り上げたことだけだが、今までの堺市長選挙は、大阪維新の会の名前を借りて立候補

もっとみる

今、求められる政党とは。

韓国と創価学会がGoal Postを恣意的に、意図的に動かすことは既に繰り返し書いたが、新しいGoal Postが近づいてくることもあるようで、それがあまりに露骨すぎるわけだが、Goal Postを動かすこと自体、政治責任を逃れたい一心で被選挙者は必至だが、その最たる政治家が、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事である。

それはともかく、直近の参議院議員候補者を見てみると、

自由民主党の場合、

もっとみる

総括 5月日米会談

既に、米国との貿易では、F35の調子が悪いので、F35の話くらいしか話題にならないと指摘済みだが、その通り、F35Bを追加購入することに決まり、一機約140億円のF35Bを100機近く購入することに決まったことは即日、公表された。総額1兆4000億円の対米貿易交渉になったわけだが、日本側の対価としては、北朝鮮拉致被害者の案件が進展したわけでもなく、日米構造協議の是正が主な目的だった。対米貿易におい

もっとみる