愛と性と存在のはなし

「愛と性と存在のはなし」第6回 〔愛と欲望の痛みと傷〕

すべてが性愛になる

 前回、フレディ・マーキュリーとクイーンを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』のことを書いた。
 対比で思い出すのは、フランスの女性作家マルグリット・デュラスの少女期の自伝的小説『愛人 ラマン』だ。
 いや、対比というよりは連想。
 主人公に男女というちがいがありながら、不思議なほどよく似た手ざわりのものとして、わたしは両者を思い起こす。

 両方とも「植民地」での性愛が核

もっとみる
ありがとうございます! さらに楽しい記事をお届けできるよう頑張ります!
2

「愛と性と存在のはなし」第5回 〔『ボヘミアン・ラプソディ』に見るマジョリティの希望〕 赤坂真理

sometimes I wish I’d never been born at all.

 そう、まったく生まれないほうがよかった。
 影も形も。
 こんなに孤独なら。
 この世界に属せない、疎外感だけなら。
 存在するということの、まったき孤独。 
 孤独だから、誰かを求めるのか。
 求めても孤独。
 本当の望みなど、知らないほうがよかった。
 本当の自分をわかりたいだなどと。
 かなわないな

もっとみる
嬉嬉嬉嬉嬉!!
11

「愛と性と存在のはなし」第4回 〔草食男子とは誰か〕 赤坂真理

草食男子という誤認

「草食男子」という言葉がある。
 恋愛や性に消極的な男子、という意味に使われることが多いだろうか。元気がない男と同義にされるなど、ネガティブに使われることも多い。 
 そもそもは「草食動物のように優しく草を食んでいるような男子」というポジティブな意味でつけた、と、名付け親の深澤真紀は語っている。初出は2006年である。いずれにせよ、一時の流行語であることを超えて、今では定着し

もっとみる
今後ももっともっと「スキ」していただける記事をご用意します!
4

「愛と性と存在のはなし」第3回 〔#Metoo運動は何をめざしたいのか〕 赤坂真理

女であるって生きづらいと思ってきた。

 生まれて死ぬまでホルモンに、体調から感情まで支配されて生きるようで、身体のリズムや変化は、不可抗力な自然からの介入で自分の思い通りになることは少なくて、セックスはいいものだけれど、セックスにまつわる負担は女に一方的に、圧倒的に、多くて。
 同じことやってるのに、不公平じゃない?
 と、権利以前のことで神を呪いたくなった、こともある。
 どこまでが不可抗力か

もっとみる
ありがとうございます! さらに楽しい記事をお届けできるよう頑張ります!
9

「愛と性と存在のはなし」第2回 〔男であることはなぜ辛いのか〕 赤坂真理

年来、「自らの男性性への嫌悪」「男であることの罪悪感」を口にする男に出逢ってきた。

 わたしはこれを他のどこでもあまり聞かないし読んだことがなかった。
 わたし自身、聞いてよくわかったとは言えない。
 じっさい、何がそんなにつらいのかと思っていた。
 彼らは、変わった人たちではない。どちらかというと、適応的な人たちで、この「男性的世界」でほどよく成功しているように見え、しかも優しくて人当たりがや

もっとみる
今後ももっともっと「スキ」していただける記事をご用意します!
8

「愛と性と存在のはなし」第1回 〔性的マイノリティは存在しない〕 赤坂真理

「男/女」と単純に分類しがちな私たちの「性」というものは、本来とても繊細で、多様だ。それは少しずつ認識されつつあるが、いま私たちが性を語る言葉は、あまりに人々を分断し、対立させ、膠着させるものではないだろうか。各々が性を語るその言葉の前提は、確かだろうか。マジョリティだと自認するあなたの「性」が、本当はもっと複雑で、深淵なものだとしたら――。私たちの内なる常識に揺さぶりをかけ、いまだ誰も語りえない

もっとみる
よかったら記事のシェアもお願いいたします!
2