思考入門

「思考入門 “よく考える” ための教室」第9回(最終回) 〔ガクモンのススメ・ヌーボー〕 戸田山和久(文と絵)

「思考入門 “よく考える” ための教室」第9回(最終回) 〔ガクモンのススメ・ヌーボー〕 戸田山和久(文と絵)

みなさんお楽しみの「思考入門」、いよいよ大団円をむかえます。つまりは今回が最終回ってことで、戸田山さん気合入ってますよ~。生まれながらの「アホさかげん」を乗り越える究極の方法、最後にキチっと教えてくれます。そして、最後の最後は「トダヤマ流・ガクモンのすすめ」の登場、大感動の幕切れです。でもみなさん、不満かもしれませんね~。「ディベートの方法についてもう少し教えてほしかった」「ライティングのやりかた、ちっとも書いてないじゃん」……大丈夫ですよ。連載の内容にきっちり加筆したうえで

スキ
16
「思考入門
“よく考える” ための教室」第8回 〔テクノロジーでアタマをよくする!?〕 戸田山和久(文と絵)

「思考入門 “よく考える” ための教室」第8回 〔テクノロジーでアタマをよくする!?〕 戸田山和久(文と絵)

お待ちかね、「思考入門」の第8回目ですよ。連載もいよいよ大詰め、今回のテーマは「テクノロジー」。みなさんのまわりにあるテクノロジーをうまく使いこなせば、アタマがばっちり良くなるというお話です。「テクノロジー」って何のこと? それは読んでのお楽しみ。気に入ったら「スキ」してくださいね~~ テクノロジーの2つの特徴  受験シーズンたけなわだ。アタマのよくなる薬があったらいいなあ、と思っている受験生もいるだろう。ほんとうにそういう薬があったらいいね、と私も思う。自分も飲みたいし

スキ
12
「思考入門 “よく考える” ための教室」第7回 〔「三人寄れば文殊の知恵」だといいんだけど……〕 戸田山和久(文と絵)

「思考入門 “よく考える” ための教室」第7回 〔「三人寄れば文殊の知恵」だといいんだけど……〕 戸田山和久(文と絵)

みなさん、あ・け・ま・し・て、おめでとうございます。年が明けたところで気持ちもあらたに「思考入門」7回目。前回は、私たちの脳ってそもそも論理的にはできていない、というクラ~イお話になっちゃいましたねえ。でも大丈夫。それを乗り越える方法ちゃんとありますよ。今回はそのうちのひとつについて、戸田山さんきっちり話してくれます。「それって、どんな方法?」答えはかんたん、「みんなでいっしょに考える」こと。「そのためには、どうすればいいの?」はい、くわしく知りたい人は、以下をじっくり読んで

スキ
18
「思考入門 “よく考える” ための教室」第6回 〔ヒトの脳は論理的思考には向いていない。ならばどうする!?〕 戸田山和久(文と絵)

「思考入門 “よく考える” ための教室」第6回 〔ヒトの脳は論理的思考には向いていない。ならばどうする!?〕 戸田山和久(文と絵)

早いもので今年も師走になっちゃいました。おとなにとってはあわただしい月。でも、みなさんはもういくつ寝るとメリークリスマスに冬休みにお正月! お楽しみですねえ。でも、勉強もしっかりやりましょうね。はい、「思考入門」も6回目、いよいよ第2部に入りますよ。ここまでの連載をしっかり読んだみなさんは、「論理的」ってどういうことか、バッチリ理解できましたね。戸田山さん、6回目で星一徹ですよ。ちゃぶ台ひっくり返しますよ。なんせ、わたしたちのアタマって、もともと論理的思考には向いてないって言

スキ
4
「思考入門 “よく考える” ための教室」第5回 〔論理的思考のようで論理的でないベンベン、それは何かと尋ねたら……〕 戸田山和久(文と絵)

「思考入門 “よく考える” ための教室」第5回 〔論理的思考のようで論理的でないベンベン、それは何かと尋ねたら……〕 戸田山和久(文と絵)

はいこんにちは。早いもので11月、秋もふかまってきました。思考入門ももう5回目。前回まで「論理的」ってどういうことか、ネチネチ考えてきました。ここで新展開ですよ。世の中にはいっけん「論理的」に見えて、じつは筋がまったくとおってない、ってことがたくさんありますねえ。早い話がヘリクツってことです。ちゃんとした論理的思考とヘリクツをどう見わけたらいいんでしょう? ヘリクツにダマされないためにはどうしたらいいんでしょう? はい、戸田山さんきちっと教えてくれますよ。読めばあなたもカシコ

スキ
15
「思考入門 “よく考える” ための教室」第4回 〔サポートとツッコミについて、さらにツッコんでみよう〕 戸田山和久(文と絵)

「思考入門 “よく考える” ための教室」第4回 〔サポートとツッコミについて、さらにツッコんでみよう〕 戸田山和久(文と絵)

さあお待ちかね、「思考入門」の第4回目ですよ。前々回、前回とつづいた「論理的に考えるってどういうこと?」シリーズも今回で大づめ。面白い例文がいっぱいいっぱい出てきますよ。あの有名な方も特別出演。誰のこと? それは読んでのお楽しみ。はい、今回は戸田山さん、原稿も絵もきっちり〆切どおりにくれましたよ~。すんばらしいですね。気合入ってますねえ。それでは、みなさんもカシコクなってくださいね。 そのツッコミ、有効ですか?  「論理的によく考える・書く・話す」ということを、前回は次の

スキ
5
「思考入門 “よく考える” ための教室」第3回 〔論理的思考には勇気がいるんだ〕 戸田山和久(文と絵)

「思考入門 “よく考える” ための教室」第3回 〔論理的思考には勇気がいるんだ〕 戸田山和久(文と絵)

はいこんにちは。みなさん、夏休みいかがでしたか? いっぱいいっぱい楽しんだでしょうね。はい、9月からは勉強の季節。思考入門もエンジンかけますよ。「論理的に考える」ってどういうことかが3回目のお題です。みなさん、いっしょけんめい考えて相手を説得しようとしても、「ヘリクツ言うな!」ってオコられちゃうことありますね。じゃあ、「ヘリクツ」にならないためには、どうすればいいんでしょう? 戸田山さん、教えてくれますよ。はい、今回の原稿はなんとロンドンから送られてきました。お楽しみのご旅行

スキ
5
「思考入門 “よく考える” ための教室」第2回 〔論理的ってどういうこと? ──世界でいちばんシンプルな定義〕 戸田山和久(文と絵)

「思考入門 “よく考える” ための教室」第2回 〔論理的ってどういうこと? ──世界でいちばんシンプルな定義〕 戸田山和久(文と絵)

はいこんにちは。お待ちかね、思考入門の第2回ですよ。今回ハッキリいって内容オ・ト・クよ。みなさんお父さんお母さんに「ちっとは論理的に考えなさい!」なんてよくオコラれますね。でも「論理的」何のことでしょう? きっとお父さんお母さん答えられませんよ。第2回目では、論理的どういうことかをおサルさんでもわかるように教えてくれます。楽しみだねー。でもその前に戸田山さん、論理的に考えるとなんでオ・ト・クなのかも情熱的に語っとります。上でグルグル回っとるこのトボケたおじさん、熱いアツーい人

スキ
8
「思考入門 “よく考える” ための教室」第1回 〔『考える』について考えてみる〕 戸田山和久(文と絵)

「思考入門 “よく考える” ための教室」第1回 〔『考える』について考えてみる〕 戸田山和久(文と絵)

はいみなさんこんにちは。もうすぐお楽しみの夏休みですね。みなさんお待ちかねの新連載もはじまりますよ。テ・ツ・ガ・クの新連載はじまりますよ。これ、思考入門というお題です。漢字だらけだねー。でも、内容ゴーカよ。書いた人すごいよ。はい、戸田山和久さん。上で広瀬すずさんや安藤サクラさんといっしょにグルグルぐるぐる回っとりますねえ。名古屋大学の情報学研究科っていうこれも漢字ばっかのとこで科学哲学おしえてる人ですね。科学哲学何でしょう。はい、科学と哲学のオイシイとこいっぺんに味わえるお得

スキ
20