山が買いたい

山行ったよ。全く整地されてない山行ったよ。

父が生まれ育った家のTHE山、VERY山、めちゃくちゃ山、、、に行ってきました!笑笑 . 父の実家にはたくさん遊びに行ってましたが、まさかあそこまで山々したところがあるとは思いませんでした😅 . . キャンプをやり始めてキャンプ場だけでは物足りなくなって山欲しいな~って思ってたら、 「お前のじい…

第5回 1本の木の価値を高める方法

丸太はどのように取引されているのか  森林組合や林業会社等の伐採業者が山から伐採・搬出した丸太は、製材会社やベニヤ板工場等の加工業者が求めています。取引は伐採業者と加工業者の直接売買によって行われる場合もありますが、一般的には丸太は木材専門の市場を通して取引されています。丸太市場…

第4回 ボサボサの山をきりひらく!

  山は放っておくと荒れてしまう  前回記事の中で、所有者の違いによって山を分類するお話をしました(「買うことができる山とできない山」)。他方で山は、それらが成り立った過程の違いによって「自然林」や「人工林」に分類することがあります。主に自然の力で成り立ったものが「自然林」であり…

第3回 「山を買いたい」と考えている方に伝えたいこと

山を買うのは難しかった  私は林業の世界に飛び込むまで、「山は買えるものである」ということをリアルな事実としてきちんととらえられていませんでした。山間地に生まれ育った私ですらそうなのですから、私以外の多くの方もまた、そうなのではないかと思います。そして、実際に行動してみて気づいた…

第2回 山を手に入れた!

「こんな木は燃し木にしかならねえ。」  前回の内容とも少し重複いたしますが、私が生まれ育ち、現在も暮らしている神奈川県の山北町は、面積の9割が森林でできています。神奈川県下広域の水源地域となっており、ここを源流とする酒匂川(さかわがわ)の水は遠く離れた横浜市や川崎市でも利用されて…

第1回 一介の青年が山を買うまで

新連載「山を買う」がスタートします 世間で言われているように、ほんとうに日本の林業には絶望しかないのでしょうか。多くの山主さんが自分の山を愛せずに放置している状況を憂う著者は、ある日、山主になることを思い立ちました。悪戦苦闘の末、山を手に入れるまで。荒れ果てた山の開墾。自分の山で…