失敗するひと

プロとして必要とされる人は一次情報を得続けている。そのために必要な条件とは。

こんにちは、べぇさん@moribeimoriです。 昨晩ブログにこんな記事を書きました。 このnoteのエントリーは、上の記事をベースとしています。 ここでお話しているのはプロとアマチュアの決定的な違いである一次情報について。 このnoteではその一次情報を取り続けられる人とそれが出来ない人にある条件の差をお伝えしていきます。 ですから、まずは上の記事を先にお読みください。 先に答えを求めようとしない、ということが大切と上の記事にも書いているしね! 上の記事を読

スキ
3
有料
600

仕事や信頼関係構築におけるフォロースルーの大切さを知り、きっちりやりきること。

フォロースルーといっても、ボールを投げ終わった後の動作などといったスポーツの話ではないです。 あくまでも仕事の話。 アメリカで働いていた時の上司に強く言われていたこと。 「フォロースルーをしっかりしなさい」 つまり、一度始めたことはきちんとどの様になったのか報告しなさい、ということ。 それには理由があります。 仕事を頼んだ上司としては以下のことをはっきりさせたいから。 ・すでにそのタスクは完了したのか。 ・それとも何かトラブルがあって進展していないのか し

スキ
7

だから結果が出ないのです。そこから脱却するコツ

今朝、こんなポストをFacebookにしました。 「頑張ることを目的化しない」 頑張ることができる、というのは大切なこと。 だけど、頑張っているから偉い、頑張っているから良い、頑張っているのだから認めてよ、というのはちょっと違う。 頑張ることを認めてもらえるのは小学生低学年まで。その頃の頑張りは求めている結果に直結しやすいから。 その後は結果に繋がらなければその頑張り自体を評価したり、されたりすることでは伸びてはいかない。日本ではそこを大切にされがちだけど。 何の

スキ
6
有料
600

無料コンテンツを配信していてわかる、こういうことをしている人は絶対にモノにならないだろうなぁ、というところ

昨日から配信を開始した無料WEBセミナー 「自分を仕事にする、ということ」は大変多くの方に御覧頂いていて、とても良いフィードバックも頂いています。 まだご覧になっていない方はこちらからどうぞ。7月15日までです。 で、ですね。 上のリンクを見ていただければわかると思うのですが、非常にシンプルなやり取りのなかでも、わかってしまうことというのがあります。 これは無料コンテンツを配信している以上はわかりきっていることなので、別に腹を立てることでもないですし、どうでもいいこ

スキ
2
有料
600