失感情社会

感情と出力と事実と

「感情が出ないですねぇ」
10月頃、とある人に言われた言葉だ。
どうやら、感情が表現されずに、行動や言葉で埋め合わされているらしいのだ。

そもそも、自分の中で感情というものを丁寧に見てこなかったのかもしれない。
「感情を出していく」というテーマを与えられても、自分の中にどんな感情があるのか、感じたとしてもうまく表現できなかった。

=====

感情は顔に自然と現れる。
でも表情は感情の、明確な

もっとみる
拙い文への「スキ」に感謝です。ご興味があればフォローもぜひどうぞ。
5

フットボールのダイヤモンド・オフェンスにおける攻撃サポートの構造化8 戦略・戦術の最適化②:社会的感情構造

社会的感情構造

社会的感情構造(Socio-Afectiva)は、認知構造(Cognitiva)と並び、「戦略・戦術の最適化」のトレーニングをする際に、フランシスコ・セイルーロが提案する「6つの構造」の中でも最優先構造になっている。ここでは更に、社会的感情構造について掘り下げて詳細に説明する。

図3:フランシスコ・セイルーロのコンセプトを解釈したもの(コーチングコースCARの講義ノート)

もっとみる
スキありがとうございます!
8