大石隧道

百物語92話目「ブランコの記憶」(実話怪談)

先日、私の電子書籍「帰りゃんせ」のチラシを置かせてもらおうと、行きつけの店へと出かけました。 ええ、例のあやうく店長とふたりのクリスマスチーズフォンデュ会になりそうだった店です。 店長が優しいので、やってきたお客さんにもチラシを渡してくれ、 「この人、怖い話探してるんだけど、何か…