全脳アーキテクチャ若手の会

平成の間に僕はどこまでドラえもんに近づけたのか。

平成最後の〇〇に何か便乗したいと思いつつも、思い浮かばず。 せっかくなので今まで自分が作ってきたロボットを振り返ってみることにしました。 ちなみに私は平成5年生まれです。 平成14~16年 (9~11歳) 生まれて初めてのロボット作り。大学のロボットセミナーに通って操縦型ロボットを作って、戦…

【知能研究者はろばに乗れるのか】 知能研究における異分野交流の難しさと取り組み

ろばを売りに行く親子 「ろばを売りに行く親子」というお話をご存知でしょうか。 簡単に説明すれば、 ろばを連れた親子が歩いていると「せっかくろばを連れているのだから、ろばに乗ればいい」と言われる。子供がろばに乗れば「親を歩かせるなんてひどい」と言われ、親がろばに乗れば「子供を歩かせ…

高校生にとって我々はどういう存在であるのがベストなのでしょうか。

最近、全脳アーキテクチャ若手の会に高校生支部なるものが立ち上がりました。 先日は、高校生未来会議なるもののメンターをさせていただきました。 こういった活動の中で、自分の中で「迷い」が生じているなぁと感じています。 自分たちが彼ら彼女らに渡せるものって多いなと思います。ましてややる…

シンギュラリティを考えよう

日経さんの企画で、テクノロジーが変える30年後の世界を「テック2050」と題して特集展開されるとのことで、私からも記事を出させていただきます。 私が選んだテーマは、シンギュラリティ。 シンギュラリティは頻繁に引き合いに出され、議論が展開されていますが、ちょっとした研究テーマとして私は扱…