お金がないと生きていけないのか

私たちは生きていく上で「お金」が必要だと思っていますが、一体お金とは何なのでしょうか。それがないと私たちは本当に生きていくことができないのでしょうか。当たり前になっているお金について少し考えてみます。 まなざしの革命放送 vol.008 お金がないと生きていけないのか ・「まなざしの革命」が本として出版されます ・お金がなければ生きていけないのか ・お金は誰が発行しているのか ・お金は借金である

スキ
1

『ポイントカードは信用取引口座!!』 ポイント還元・付与がなぜ通貨発行にあたらないのか、 ずっと疑問だったが、やっと答えが出た!🌸 <100円で1ポイントの場合> 固定レバレッジ1.01倍 100×1.01-100=1ポイント 信用創造とほぼ同じ機構か 通貨って幽玄なのね

スキ
9
+9

Kindle電子書籍 日本民主化計画 紹介 経済システムの欠陥

出典:Kindle電子書籍 日本民主化計画 https://www.amazon.co.jp/dp/B0838BVD43/

スキ
1

まだの方は、こちらも是非見てみてください

現在の、多くが知らずに搾取され続けている仕組みの理解に、まだの方は是非💡 ひとつ前の投稿でおすすめした動画について、私の希少なフォロワーさんからご意見をいただき思い出した動画です。失念してしまいましたが、どなたかの投稿記事で知ったものです。 お金、信用創造の仕組みがアニメーションでわかりやすく解説されています。 短時間で細切れに見たいという方は、こちらをどうぞ💁🏻‍♀️(5分割されてます) https://youtu.be/iqlxMp3dR7Q 追記:ご意見をくださっ

スキ
5

#EC16[金融リテラシー/一気読み]お金の泉はどこにありますか(2021/10/24updated)

お金の泉がどこにあるか、お金がどこからから生まれるかについて、経済学者や社会学者を除くとほとんどの人は関心が無いように思えます。お金を空気や水のように自然物のように考えている人が多いように感じます。しかしお金は人工物です。

有料
100
+1

「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女の講演-銀行の詐欺システム

カナダを日本に読み替えるとそっくり当てはまる 文字起こし カナダがどうして借金まみれになっていることを不思議に思ったことはありますか? 政府が、カナダ人に多くの税金を払わせることを不思議に思ったことはありますか? 最も大きな民間銀行の銀行家がより裕福になって、残りの私達がそうでないことを不思議に思ったことはありますか? 国全体の借金が、8000億ドル以上もあることを不思議に思ったことはありますか? あるいはなぜ、私達は一日あたり1.6億ドルの利息を国の借金として支払うので

スキ
6

言葉だけを集めても生命を生み出すことはできない

父性と母性という2種類の性質がありますね。 こう聞くとだいだいは、お父さん、お母さんを思い浮かべるでしょう。 その時に思い描くイメージは育った環境で少々違うことがあるのかも知れません。 しかし、一般的にいうところの父性と母性は少なからず固定したイメージがあると思います。 父性はどちらかというと「~せねばならない」。 学校の先生だったり、会社の上司だったり。上から正しさを教える存在のイメージ。 母性は「生む、育む」。 ありのままを認めたたり、存在そのものを愛おしむ。

スキ
40

プロとアマの差異を示す尺度の一つは「金銭的対価の有無」だが、これは金銭授受行為が職能や信用を担保する証明となり得るからだ。すなわちプロ同士の契約は立派な「商取引」である。 【“自称プロ”は趣味人】プロフェッショナルとして一流を生きる https://note.com/taichi71/n/nde53fc4239f2

スキ
5