伊豆野一政

<壺中日月長>伊豆野一政インタビュー

白白庵企画『壺中日月長』
出展作家インタビュー第三弾は伊豆野一政。
語り口は飄々と。コロナ禍で生じた変化を真摯に受け止め、
思考を重ねたプロセスを語って頂きました。
どうぞお楽しみください。

白白庵個展『SHINSO』(2019年)より

○コロナ禍の制作について

今年の前半は白白庵での個展も含めていろんな展示がコロナの影響で無くなってしまいまして。
こうなったらこうなったで、今できることを焦

もっとみる

二一世紀の陰翳礼讃 伊豆野一政

優れた問いは、優れた答えに勝る、と言います。
「答え」とは既にそこに収束した帰結点であり、「問い」は可能性です。
「優れた問い」は無数の「優れた答え」の可能性を含みます。

伊豆野一政『林檎像』

伊豆野一政さんはユニークな問いの立て方をする陶芸家です。
彼なりの目標地点(もしくは通過点)が定まっているが故に、そこに至るまでの「問い」を作品と言う形でアウトプットするのが伊豆野式のようです。
彼の作

もっとみる