フレスコボール日本代表

【フレスコボールマガジンRALLY & PEACE】 岸田直也[2]

【フレスコボールマガジンRALLY & PEACE】 岸田直也[2]

教えること 2019年ミウラカップ、山下祥選手とのペアで男子年間最高得点で優勝を飾り、ミックス部門・小澤彩香選手とのペアでも見事優勝を飾った岸田。フレスコボール界にどんどん頭角を現しはじめていた。 「大会1ヶ月前から禁酒、1週間前からは7時間以上睡眠を確保。夏場でもしっかり炭水化物とタンパク質を摂ることを意識しています。メンタル面では、なるべく1人にならず仲間と話してリラックス。大会前夜には、ラケットを白色のグリップテープに巻き直します。汚れが目立つ色ですが、白は気持ちが

8
【フレスコボールマガジンRALLY & PEACE】 岸田直也[1]

【フレスコボールマガジンRALLY & PEACE】 岸田直也[1]

それぞれのフレスコボールに対する想いを語っていただく、フレスコボールマガジン「RALLY & PEACE」。第5弾は、日本代表・岸田直也選手です。デビューから約1年で日本男子部門優勝、約1年半でブラジル選手権ミックス部門準優勝。その強さの根底にあったのは、曲がることのない信念でした。 出会い 岸田直也のルーツは、高校1年生からはじめた硬式テニス。高校卒業後も働きながら関西各地の多数のサークルに所属し、社会人テニスプレーヤーとして充実した日々を送っていた。2018年の夏のあ

7