ファッション専門店

美佐江のバルセロナ放浪記

美佐江は、まだ高校2年生だ。女子校の中で、目立たない存在だ。短大の文学部に入って、会社勤めをして、そこでかつこよくなくてもいいから、真面目な男性と結婚して、子供を産んで、慎ましい家庭を作りたいと思っている。 昭和の時代は、慎ましく社宅に住み、貯金をして、いずれ郊外の一戸建ての家を…