ニューススクランブル

【財界】不祥事、経営難と財界活動
ダイエー中内さんが懐かしい

【財界】不祥事、経営難と財界活動 ダイエー中内さんが懐かしい

高い倫理観をもって社会的責任を果たす? 新型コロナ禍の危機的な情況が続いている。対応に専念するために菅義偉首相が決断した総裁選への突然の出馬断念は財界にとっても驚天動地のことだったろう。  「非常に驚いている」と困惑しながらも日本経団連の十倉雅和会長は、2050年カーボンニュートラルの達成、デジタル庁設置のほか「総理の強いリーダーシップがなかったら実現しなかった」。ワクチン接種の加速などを挙げて、政権を高く評価した。もっとも次期政権の安定化までなお時間を要するのは避けられな

有料
200
【産業】菅首相退陣で頭を抱える
M&A仲介業界の意気消沈

【産業】菅首相退陣で頭を抱える M&A仲介業界の意気消沈

デービッド・アトキンソン論に乗る 突然、菅義偉首相が自民党総裁選への不出馬を表明し、1年余りで政権の座を明け渡すことになったことに、とりわけ驚愕し、落ち着かないのがM&A(企業の合併・買収)仲介専門業者だ。首相は就任前から経済政策の目玉として中小企業のM&Aを推進すると明言していた。首相の経済ブレーンで、政府の成長戦略会議メンバーでもあるデービッド・アトキンソン小西美術工藝社社長が主張する「中小企業再編論」の影響を強く受けている。  「国内産業の国際競争力が低下している最大

スキ
1
有料
200
【企業】パラリンピック選手村でトヨタ車人身事故
問われる「自動運転車の未来」

【企業】パラリンピック選手村でトヨタ車人身事故 問われる「自動運転車の未来」

二分する自動運転車の評価 「自動運転車は本当に実用化できるのか?」自動運転車関連企業が不安に陥る事故が発生した。8月26日に東京パラリンピック選手村で運行していたトヨタ自動車の自動運転車「e-Palette(イーパレット)」が、道路を横断 していた視覚障害の柔道日本代表選手に接触。選手は転倒して道路に頭をぶつけ、全治2週間の怪我をして試合を欠場することになった。  パラリンピックに向けて厳しい鍛錬を続けてきた選手の夢を消してしまった事故だけに、メディアで大きく報じられた。そ

有料
200
【官界】「経済安全保障の強化」を旗に予算争奪戦
どこまで精査しているのかと財務省は渋い顔

【官界】「経済安全保障の強化」を旗に予算争奪戦 どこまで精査しているのかと財務省は渋い顔

このままでは中国に命脈を握られる! 菅義偉首相の不出馬表明で、乱戦模様となった自民党総裁選。誰が勝者になったとしても確実に主要政策と位置づけられそうなのが、「経済安全保障の強化」。霞が関の各省庁はここが予算獲得の正念場とばかりに、新政権へのアピールの準備を着々と進めている。  背景には、米国や周辺国との摩擦を強める中国の存在がある。特に5G(次世代通信規格)などのハイテク分野での中国企業の台頭は著しく、この分野で覇権を握られた場合、経済面だけでなく、軍事面でも中国に遅れを取

有料
200
【政治】菅首相の突然の退陣に野党落胆
ひっくり返った捕らぬ狸の皮算用

【政治】菅首相の突然の退陣に野党落胆 ひっくり返った捕らぬ狸の皮算用

総裁選一色、「野合批判」にも窮す 菅義偉首相の突然の退陣表明は、野党にも計り知れない衝撃を与えた。それは猛烈な「落胆」と呼んでもいいだろう。コロナ対応に失敗した落ち目の菅首相を相手ならば、来る衆院選でいい勝負に持ち込める、政権交代は難しくとも、与野党伯仲の状況を作れるのではないか、という「捕らぬ狸の皮算用」を立てていたからだ。それが一夜にしてリセットされ、退陣表明以降はテレビのワイドショーも含め、自民党総裁選一色に染まり、メディアジャックに野党は苦虫をかみつぶす。

有料
200
【政治】「公認権は我にあり」
二階幹事長の自派閥優先に不満の渦

【政治】「公認権は我にあり」 二階幹事長の自派閥優先に不満の渦

最後のチャンスと河村建夫に挑む林芳正 秋の決戦が近づくにつれ、自民党では身内の公認争いがし烈さを増している。その多くが長期にわたり幹事長に君臨する二階俊博氏が率いる二階派の現職議員が絡んでおり、党内では「自派閥を優遇する長期幹事長の弊害ではないか」(細田派中堅)の声も飛び交う。幹事長は、公認権や人事、政治資金の配分に絶大な影響力を行使できるだけに、衆院選後を睨み、対立は激化するばかりだ。

有料
200
【官界】霞が関の主要官庁人事から見る今後の動向
非主流誕生、反省の色なし、狂った路線

【官界】霞が関の主要官庁人事から見る今後の動向 非主流誕生、反省の色なし、狂った路線

財務省次官にあの一言居士 長引く新型コロナウイルス対応で疲労感が漂う霞が関。夏休み明けからの本格再稼働を前に、主要官庁人事をおさらいしておこう。  まずは財務省。太田充事務次官(1983年入省)の退任に伴って、矢野康治主計局長(85年)が昇格。中堅時代から上司にも臆せず正論をぶつける「青年将校」として知られ、財務省キャリアでは超少数派の一橋大卒であることや、非主流の主税畑を歩むなど、次官としては異色の経歴の持ち主。同期のライバルである可部哲生氏を国税庁長官に追いやって昨夏に

有料
200
【企業】「書き入れ時」の東京五輪で没落決定?
長年のツケがブーメランする電通

【企業】「書き入れ時」の東京五輪で没落決定? 長年のツケがブーメランする電通

きっかけはパワハラ事件 人生のツケ払いは、人生で最も払いたくない時にやって来る。企業も同じだ。国内最大手の広告代理店である電通は、新型コロナウイルス感染症が過去最大のピークを迎えた時期に開かれた東京五輪で「大やけど」を負った。  広告業界関係者によれば、電通にケチがつきはじめたのは2015年12月に当時24歳の女性社員が過労自殺した事件からだという。政府系の大型イベントを取り仕切ってきた電通が自殺の原因となったパワハラ体質を世間から糾弾されたため、一旦は表舞台から姿を消さな

有料
200
【産業】「夢よ、もう一度」のコメ先物市場廃止
ますます勢いが萎む大阪経済

【産業】「夢よ、もう一度」のコメ先物市場廃止 ますます勢いが萎む大阪経済

農協や自民党からの圧力? 大阪で新たな「コメ騒動」が勃発した。大阪堂島商品取引所(現・堂島取引所)で2011年7月から試験的に始まったコメ先物取引の本上場が認められず、上場廃止が決まったのだ。その詳細な理由を、農水省は明らかにしていない。が、農協がコメ価格の主導権を先物市場に奪われるのを嫌い、農協を「票田」とする自民党農林部会も農水省に本上場を慎重に判断するよう申し入れている。

有料
200
【財界】経済安保に財界が傾斜
同友会が提言、経団連も

【財界】経済安保に財界が傾斜 同友会が提言、経団連も

「地経学」とは何ぞや 米中対立に象徴される緊迫化する国際情勢の波が財界にも押し寄せている。リベラルが真骨頂の経済同友会の最近公表した「強靭な経済安全保障の確立に向けて」はそれを痛感させる異色の提言といえるだろう。「時代は変わった!」「グローバル化と自由主義経済を謳歌する時代は終わりを迎えた」など刺激的な表現が髄所に散りばめられた。副題は「地経学の時代に日本が取るべき針路とは」だ。

有料
200