シロザケ

いのちのもと。

河床にこぼれた小さな命の素。
いや、既に立派な生命なんだけど、
つまり魚の卵を必死にマクロレンズで覗いていた秋を思い出した
寒空の朝。

今頃ふ化をして、寒い川底。
ちいさな尻尾で、じーっとしているんだろうな。

Rausu Shiretoko, Hokkaido Japan / Oct. 2019
※ 卵にはそっと石をかぶせておきました。

もっとみる
嬉しいです!
17

until the time is ripe.

出来上がった産卵床の上に、静かにゆらめく二尾。
eastern Hokkaido, Japan / Oct. 2019

ここんところ連日、
依頼仕事の大量の写真をセレクト・レタッチしているんだけど
合間に息抜きというか、見たい写真を、ということで
鮭の写真を一枚だけレタッチしている。
まぁ、鮭写真も大切な依頼仕事なんだけどね。

見ているとなんだかなぁ…。
良い顔をしているって思う鮭もいる。

もっとみる
なんと!
10

道東遠征より戻りました。

シロザケ撮影遠征から東京の自宅に戻りました。
道東、羅臼でのシロザケの遡上量は、今年極めて少なく
非常に苦しみましたが、多くの方々の援けを得て
なんとかいくつかのカットを撮影することができました。

今回より初挑戦となる水中撮影。
サケの遡上をきっかけに北海道の自然に魅せられた私にとって
悲願といえる撮影です。

今年の状況の悪さに苦しみながらも、
いつも陸上から眺めてきた被写体を、水中で間近に覗

もっとみる
ありがとうございます。更新がんばります!
11

鮭のいない川。

鮭のいない川。初回のシロザケ撮影遠征も終盤。
川に魚がいない。
特に撮影地に選んでいた羅臼は今年本当に少なく
まずは魚を探すのに行ったり来たり。
冬タイヤ減りまくりだぜ。笑)

サケの遡上に関しては、ここ数年の動向を見ていて
大きな変化を感じる。
僕等の孫の世代が大人になる頃、彼等の子どもたちに
鮭の群れを見せることが難しくなっているかも知れない。
そんなこともありうるなと不吉に思う。

クマと同

もっとみる
有難うございます。励みになります…!
16

一日川にいた。今日は少し前に進めたかな。
I got some good pictures today.

ありがとうございます。更新がんばります!
14

状況が芳しくないので定宿に戻ってきた。
ようやく落ち着いて、濡れっぱなしだった機材をメンテ。

取り扱いを気を付けていた新しいドームポートに早速キズ。
まぁ、こんな撮影しているからなぁ…。
あ、ちなみに下部はガリガリ削れています。

ま、えーか。

ありがとうございます。更新がんばります!
6

クマが来ない川。

shooting Hokkaido-salmon-run at the small river.
ついつい暗くなるまで撮ってた。
このエリアはクマが出ないのが今回ばかりは有難い。

羅臼の川から離れて、道東エリアの小河川にいます。
それにしても、う~ん…。
水中の撮影って難しいね。改めて。
みんなすごいなぁ…。

Nikon D750 + Nikkor 16-35mm/F4
INON Z330

もっとみる
なんと!
13